漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「次」という漢字
「次」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「次」は小学3年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首書き順・書き方
意味

①「つぐ(連続)」、「続く

②「つぎ」、「2番目」、「第二位」(例:次席、次男)

③「ついで

 ア:「順序

 イ:「くらい(程度)」、「位置

 ウ:「おり」、「とき」、「~した際

④「ついず

 ア:「順序をつける」、「順序よく並べる

 イ:「編集する

⑤「やどる(宿)」、「宿り(旅先で宿をとること)」、「宿

 ア:「軍隊が宿営する」、「軍隊の宿営地

 イ:「宿泊する」、「宿屋」、「旅館

 ウ:「星座(星のやどり)

⑥「ところ」、「場所

⑦「うち(中)」、「あいだ(間)

⑧「たび(度)」、「回数」、「回数を数える」(例:二次会)

⑨「垂れ布を張り巡らした仮小屋

⑩「喪屋(喪に服するの部屋)

⑪「かつら

⑫「まげ(長い髪を 頭上にまとめて1ヵ所でたばね,その上部を
  種々のに折り曲げたりする部分)


[次・継・接の使い分け](つぐ)

」・・・「何かの後に続く。」(例:相次ぐ事件)

」・・・「ひとつづきにする、受け継ぐ。」(例:布を継ぐ、後継ぎ)

」・・・「切れ目をつなぎ合わせる。」(例:接ぎ木)

成り立ち

象形文字です。「人が吐息(ため息)をつく」象形から「ほっとして宿泊する

を意味する「次」という漢字が成り立ちました。また、「斉(シ)」に通じ

(同じ読み持つ 「斉(シ)」と同じ意味を持つようになって)、

次に続く」、「順序良く整え」という意味も表すようになりました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎解明講座】の資料を無料でもらってみて
下さい。ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで
記載
されていて感動しますよ。また、古代中国の歴史が
イメージできるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
漢字の面白さが無限に広がる、もらって大満足の資料となって
おります。ぜひ、資料をもらってみて下さい。

⇒もらって大満足【漢字の謎 解明講座】
の無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「」、「

訓読み:「つぎ」、「つ(ぐ)

常用漢字表外:「つい(ず)」、「やど(る)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):
ちか」、「つぐ」、「なみ」、「ひで」、「やどる

画数

6画

部首

①「冫(にすい(二水))

「冫」を含む漢字一覧

②「欠(あくび(欠伸)、かける、けんづくり(欠旁))

「欠」を含む漢字一覧

書き順・書き方
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る