漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「縁/緣」という漢字
「縁/緣」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「縁」は中学生で習います。「緣」は常用漢字外(人名用漢字)です。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「ふち」、「へり(はし)

 ア:「衣服のふち飾り

 イ:「物のへり」、「物のまわり

②「よる

 ア:「ちなむ」、「基づく

 イ:「従う

 ウ:「頼る

③「えにし(ゆかり、縁、つながり、関係)」(例:縁故、由縁)

④「まつわる」、「からむ」、「まとう」、「めぐらす

⑤「めぐりあわせ」(例:因縁)

日本のみで用いられる意味

⑥「エン(縁側-日本の和風家屋に独特の構造で、家の建物の
  縁(へり)部分に張り出して設けられた板敷き状の通路)


成り立ち

形声文字です(+彖)。「より糸」の象形と「つるべ井戸の滑車の

あたりから水があふれしたたる象形
」(「重要なものだけ組み上げ

記録する」の意味だが、ここでは、「転」に通じ(「転」と同じ意味を

持つ
ようになって)、「めぐらす」の意味)から、衣服のふちにめぐら

された装飾を意味し、そこから、「ふち」、「まつわる」を意味する

「縁」という漢字が成り立ちました。

※「緣」は「縁」の旧字(以前に使われていた)です。

※「縁」は「緣」の略字です。


漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎解明講座】の資料を無料でもらってみて
下さい。ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで
記載
されていて感動しますよ。また、古代中国の歴史が
イメージできるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
漢字の面白さが無限に広がる、もらって大満足の資料となって
おります。ぜひ、資料をもらってみて下さい。

⇒もらって大満足【漢字の謎 解明講座】
の無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「エン」、

訓読み:「ふち

常用漢字表外:
えにし」、「へり」、「ゆかり」、「よすが」、「よ(る)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):
まさ」、「むね」、「やす」、「ゆか」、「よし」、「より

画数

15画」(縁・緣)

部首

糸(いと、いとへん(糸偏))

「糸」を含む漢字一覧

漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る