漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「雲」という漢字
「雲」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「雲」は小学2年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首書き順・書き方
意味

①「くも

 ア:「空気中の水分が小さな水滴やとなって、
    浮かんでいるもの


 イ:「確かでない・行動・存在する場所例え
   (例:雲を摑むような話し)

 ウ:「極め高い遠い、また、そうした地位・身分の例え
   (例:雲の上の人)

 エ:「がっている「ア」ような例え」(例:花の雲)

 オ:「盛んんなさまの例え

 カ:「多いさまの例え

 キ:「優れているさまの例え

 ク:「美しいさまの例え

②「しめりけ・湿気(水分を少しんでいる感じ)

③「出雲 (いずも) 国(現在の島根県)の

※出雲国とは、日本の律令制(7世紀後半-10世紀まで実施
  された制度)で設置された日本の地方行政区分のつである。
  この行政区分は、律令制廃止後も地理区分としていられた。

成り立ち

会意兼形声文字です(+)。「の雲から雨水が滴(したた)落ちる

象形と「雲が回転する様子をした」象形から「くも」を意味する

「雲」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちの歴史背景まで学びたい人はぜひ、
【漢字の謎解明講座】の資料をもらってみて下さい。
資料は無料でもらえるので、早速、資料請求してみた所、
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しました。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。


資料請求は無料ですので、ぜひ、資料をもらってみて下さい。





読み

音読み:「ウン

訓読み:「くも

名前(音読み・訓読み以外の読み):「」、「ゆき」、「ゆく

画数

12画

部首

雨・⻗(あめ、あめかんむり(雨冠)、あまかんむり(雨冠))

「雨・⻗」を含む漢字一覧

書き順・書き方
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る