漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「浮」という漢字
「浮」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「浮」は中学生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「うく」、「うかぶ」、「うかべる」(反意語:)

 ア:「水面や空中にふわふわただよう」(例:浮上)

 イ:「船などに乗って水上を行く

 ウ:「表面に現れ出る」(例:肌に脂が浮く)

②「うく」、「うわつく

 ア:「落ち着きがない」、「軽々しい」(例:浮気)

 イ:「不確かで当てにならない」、「根拠(理由)がない」(例:浮説)

③「うき(水面にふわふわただよう物)」(例:浮き輪、浮き袋、釣りで使う浮き)

④「程度が過ぎる」(例:浮誇)

⑤「軽い物

⑥「行う

日本のみで用いられる意味

⑦「うく

 ア:「うかれる(気分が晴れやかになる、陽気になる)

 イ:「時間・経費などが予定よりも少なくてすみ、余りが出る

⑧「うかぶ

 ア:「出世する

 イ:「死者の霊が成仏する(死んで、この世に未練を残さず仏となる)

 ウ:「心の中に出て来る

成り立ち

会意兼形声文字です(氵()+孚)。「流れる水」の象形と「乳児を抱き

かかえる
」象形(「軽い、包む」の意味)から、「軽いもの」、「うく」を意味

する「浮」という漢字が成り立ちました。



読み

音読み:「

常用漢字表外:「フウ

訓読み: 「う(かぶ)」、「う(かべる)」、「う(かれる)」、「う(く)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「ちか

画数

10画

部首

氵(さんずい(三水))

「氵」を含む漢字一覧

美しい漢字の書き方

100万人を超える指導実績を持つ
【がくぶんのペン字講座】無料資料には、
漢字を上手に書くコツがすごく細かく記載されており、
それを参考に漢字を書いてみると、ビックリするくらい
美しい漢字が書ける
ようになってすごい感動しました!

美しい字が書けるようになると、周りの人からも
褒められて、とても気持ちが良い
です!
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒美しい漢字が書けるようになる
【ペン字講座】の無料資料はこちら


漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る