漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「劣」という漢字
「劣」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「劣」は中学生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「おとる」、「およばない

 ア:「価値・能力・質・数量などが、他に比べて程度の低い状態にある

 イ:「身分が低い

 ウ:「身なりや考え方や行動がしっかりできていない」(例:下劣)

 エ:「力が弱い

 オ:「年齢が下である」、「年月が後である

 カ:「減る」、「損をする

 キ:「頭の働きが鈍いさま」、「考えが足りないさま

 ク:「ばかげているさま

 ケ:「幼稚で未熟なさま

②「おとっている者

③「わずかに( 数量・程度・価値・ 時間などがほんのすこしであるさま)

④「やっと(長い時間や労力を費やして実現・成立するさま)

成り立ち

会意文字です(+)。「小さな点」の象形と「力強い腕」の象形から、

力が少ない事を意味し、そこから、「おとる」を意味する「劣」という

漢字が成り立ちました。


読み

音読み:「レツ

訓読み:「おと(る)

常用漢字表外:「いや(しい)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

画数

6画

部首

①「力(ちから)

「力」を含む漢字一覧

②「(しょう、しょうがしら(小頭)、なおがしら(尚頭))

「小・⺌」を含む漢字一覧

漢字・漢和辞典/学習教材:OK辞典 トップへ戻る