漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「張」という漢字
「張」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「張」は小学5年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首書き順・書き方
意味

①「はる

 ア:「弓の弦・琴の糸とか幕・綱などをはる

 イ:「大きくする」、「広げる」、「ぴんと伸ばす」(例:伸張、拡張)

 ウ:「大きくなる」、「広がる」、「ぴんと伸び

 エ:「強くする」、「盛んにする

 オ:「強くなる」、「盛んになる

 エ:「突き出す

 オ:「設ける

 カ:「もよおす(開催する)

 キ:「意見を言いはる」(例:主張)

②「はり(弓・琴・幕などを数える語)

③「星座の名前。ちりこ。二十八宿の1つ

④「はれる

 ア:「広げるができる」(例:テントを張れる)

 イ:「持つ価値が誇れる」(例:胸を張れる)

⑤「誇る」、「気分・感情などが高まる」、「態度をでかくなる

⑥「とばり(室内や外部との境などに垂らして、区切りや隔てとする布)

日本のみで用いられる意味

⑦「はる

 ア:「でかい態度をとる、いばる」(例:肩を張る)

 イ:「引き締まった状態になる」(例:気が張る)

 ウ:「自分の立場・主張をあくまでも押し通そうとする」(例:欲を張る)

 エ:「勝負事に金品を賭ける

 オ:「後をつけて、絶えず目的を達する機会をうかがう」(例:張り込み)

 カ:「番をする」(例:見張り)

 キ:「殴る」(例:頭を張る)

成り立ち

会意兼形声文字です(+)。「」の象形と「長髪の」の象形(「長い」の

意味)から、弓の弦を長くする、すなわち、「はる」を意味する「張」という

漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちの歴史背景まで学びたい人はぜひ、
【漢字の謎解明講座】の資料をもらってみて下さい。
資料は無料でもらえるので、早速、資料請求してみた所、
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しました。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
資料請求は無料ですので、ぜひ、資料をもらってみて下さい。

⇒【漢字の謎 解明講座】の無料資料
申し込みはこちら




読み

音読み:「チョウ

訓読み:「は(る)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「つよ」、「とも」、「ばり」、「はる

画数

11画

部首

弓(ゆみ、ゆみへん(弓偏))

「弓」を含む漢字一覧

書き順・書き方
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る