漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「都/都」という漢字
「都/都」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「都」は小学3年生で習います。「都」は常用漢字外(人名用漢字)です。)

成り立ち読み方画数・部首書き順(都)
意味

①「みやこ

 ア:「天子・天皇(治める)の住むがある」(例:の都)

 イ:「諸侯が住むのある

※諸侯とは、君主(治める)の権力の範囲で一定の領域を
  支配するされた家来である貴族のいます。

 ウ:「祖先のみたまや(ってある)がある

 エ:「そのの中央政府の所在。と。」(例:都に住む、首都)

 オ:「人口がく、政治・経済・文化の中心となる。と。
   (例:都に住む、都会)

 カ:「かを特徴としたり、かが盛んわれる
    集まったりする場所
」(例:の都 ベニス)

 キ:「の時代の行政上の区域の名前

 ク:「天皇が外出するに、設けの住居

②「みやこする」、「みやこを定める

③「東京都の」(例:都民、都営)

④「態度や服装が都会にんでいるのように
  美しっている。美しい。上品。雅(みやび)やか


※上品とは、言葉・動作・見た目美しっており、
  ましい(好きである)

⑤「居る

⑥「集まる」、「集める

⑦「統(す)べる(りまとめる)」(例:都統)

⑧「すべて」、「」(例:都合、都度)

⑧「ああ(嘆美の)

※嘆美とは、かされて褒める言う

成り立ち

会意兼形声文字です(()+阝()。「柴(しば)集めんで

焚(た)く
」象形(「集める」の意味)と「寛(くつろ)ぐの象形と

特定の場所を示す文字
」(「」の意味)から、多く集まるみやこ」を

意味する「都」という漢字が成り立ちました。

※「都」は「都」の旧字(以前に使われていた)です。

※「都」は「都」の略字です。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎 解明講座】の資料をもらってみて下さい。
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載されていて
感動しますよ。また、古代中国の歴史がイメージできるアニメの絵
もあって
とてもわかりやすかったです。講座の受講は有料ですが、
資料は無料でもらえるので、ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒【漢字の謎 解明講座】の
無料資料申し込みはこちらです




読み

音読み:「」、「

訓読み:「みやこ

名前(音読み・訓読み以外の読み):
いち」、「くに」、「さと」、「」、「」、「」、「とし」、「ひろ」、「みや

画数

11画」(都)

12画」(都)

部首

阝(おおざと(大里))

「阝」を含む漢字一覧

書き順(都)
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る