漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「城」という漢字
「城」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「城」は小学6年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首書き順・書き方
意味

①「しろ

 ア:「都市の周りを囲んでいる壁。最初の頃は、土で作り、のちに
    レンガで作られるようになった。内側のを城、外側のを郭という

   (例:城壁)

 イ:「城壁をめぐらした町

 ウ:「土石を積み重ねた壁を連ねた外敵の攻撃を防ぐ為の建造物
    「本城の外の重要な地点に築く小さな城」(例:万里の長城、金城湯池)

②「きずく(城を建築する)

日本のみで用いられる意味

③「しろ、き(敵を防ぐ為に築いた軍事的構造物。石垣(いしがき)、
  濠(ほり)などを持ち、敵が侵入しにくいような構造となっている。)


成り立ち

会意兼形声文字です(+)。金文では、土の部分が「望楼(遠くを見渡す

だけに作られた背の高い建物)
」の象形でした。のちに、「土地の祭る

固め
」の象形(「」の意味)と「斧のような刃のついた矛の象形

と釘の頭からみた象形
」(「まさかりで敵を平定する・安定させる」の意味)

から、土を盛り上げ、人を入れて安定させるを意味し、そこから、

しろ」、「きずく」を意味する「城」という漢字が成り立ちました。


漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎 解明講座】の資料を無料でもらってみて
下さい。ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで
記載
されていて感動しますよ。また、古代中国の歴史が
イメージできるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
講座の受講は有料ですが、資料は無料でもらえますので、
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒もらって大満足【漢字の謎 解明講座】
の無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「ジョウ

常用漢字表外:「セイ

訓読み:「しろ

常用漢字表外:「

名前(音読み・訓読み以外の読み):
くに」、「さね」、「しげ」、「なり」、「むら

画数

9画

部首

土(つち、つちへん(土偏))

「土」を含む漢字一覧

書き順・書き方
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る