漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「内」という漢字
「内」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「内」は小学2年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首書き順・書き方
意味

①「うち」(反意語:)

 ア:「ある範囲の。ない。だい。」(例:部屋の内、内部、境内)

 イ:「建物の。部屋。ない。」(例:内で遊ぶ、内部)(同意語:)

 ウ:「物事のいたから見えない部分。ない。
   (例:の内を塗る、内側、内情)

 エ:「自分の家庭・。親族。。ない。」(例:身内、家内)

 オ:「手紙の署名で、添えて「内」とき、本人に
    代わっていたで示す


 オ:「自分がんでいる。ない。」(例:内で起こった犯罪、内乱)

 カ:「関係するや場所。ない。」(例:身内、部内者)

 キ:「中心または手前にった」(例:内に切れ込むシュート)

 ク:「心の。ない。」(例:内に秘め思い、内心)

 ケ:「ある数量の」(例:つの内から選ぶ)

 コ:「ある時間の」(例:一瞬の内、二日以内)

 サ:「物事のわれる状況を表す」(例:成功の内に終わる)

 シ:「ひと続きの時間。特に、現世というられた時間。
   (例:生きている内に楽しむ)

 ス:「外部のえない。ない。」(例:内輪、内面)

 セ:「宮中(宮殿の特に天皇の住む所)。だい。ない。
   (例:内に参る、内裏、内供)

 ソ:「天皇

 キ:「儒教を「」と言うのにして、仏教

仏教とは、仏教をいた釈迦(しゃか)のいた、となる
  教え

儒教とは、孔子(前552~前479)がいた、は武力ではなく、
  (人間性・性格・考えくするの行動で教え導き考え
  行動に影響を与えて、自然にそれを変えさせること)によって天下を
  治めるべきであるという思想の

②「側妻(本妻以外にそばに置く)」(例:内寵)

③「」、「」(例:内臓)

④「密(ひそ)かに・こっそり(られないように物事をする様(さま)
  (例:内偵)

⑤「親しむ」、「大事にする」(例:内寵)

⑥「入れる」(例:内服)

⑦「入(い)る入(はい)る

⑧「納める

成り立ち

会意兼形声文字です(+)。「家屋」の象形と「入り口」の象形から

はいる」を意味する「内」という漢字が成り立ちました。また、った

うち」の意味も表すようになりました。

漢字の成り立ちの歴史背景

漢字の成り立ちの歴史背景まで学びたい人はぜひ、
【漢字の謎解明講座】の資料をもらってみて下さい。
資料は無料でもらえるので、早速、資料請求してみた所、
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しました。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。


資料請求は無料ですので、ぜひ、資料をもらってみて下さい。





読み

音読み:「ナイ」、「ダイ

常用漢字表外:「ドウ」、「ノウ

訓読み:「うち

常用漢字表外:「い(る)」、「い(れる)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):
うつ」、「ただ」、「ちか」、「のぶ」、「はる」、「まさ」、「みつ

画数

4画

部首

①「冂(けいがまえ(冏構・冋構)、まきがまえ(牧構)、
どうがまえ、えんがまえ、えながまえ)


「冂」を含む漢字一覧

②「人(ひと)

「人」を含む漢字一覧

書き順・書き方
漢字・漢和辞典/学習教材:OK辞典 トップへ戻る