漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「徳/德」という漢字
「徳/德」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「徳」は小学5年生で習います。「德」は常用漢字外(人名用漢字)です。)

成り立ち読み方画数・部首書き順(徳)
意味

①「人の性格で、生まれつきまたは生活する中で身についているもの。
  特に、その中で正しく良いもの
」(例:人徳)

②「人間性・性格・考え方を良くするために、人の修得すべきもの」(例:道徳)

③「人が、善い事と悪い事を判断して正しい行為をする為に、守り従わねば
  ならない規範 (手本)の全体
」(例:道徳)

③「そのものに備わっている特性(特徴)」、「本性

④「人間性・性格・考え方を良くするために、人の修得すべきものを
  たくさん備えた
」(例:大徳)

⑤「恵み」、「恩恵

⑥「幸い(幸せ)

⑦「トクせしむ(恵む、恩恵を与える)

⑧「トクとする(ありがたく思う
  恩に感じる)


⑨「行為」、「働き」、「能力」、「作用」、「ききめ

⑩「教え

⑪「教化(教え導き、また、道徳的、思想的な影響を与えて望ましい
  方向に進ませること)


⑫「感化(考え方や行動に影響を与えて、自然にそれを変えさせること)

⑬「良い」、「立派」(例:徳性、徳音)

⑭「ありがたい

⑮「長所

⑯「利益」、「富(財産)」、「」(例:早起きは三文の徳)

⑰「国名。徳意志(ドイツ)の略」(例:徳国(ドイツ))

※徳があるとは、「一緒にいて安心できる、頼りたくなる
  のを言います。

[得・徳の使い分け](とく)

」・・・「利益、もうけ」(例:お買い得)

」・・・「値打ちがある、好結果」(例:早起きは三文の徳、お徳用)

成り立ち

会意兼形声文字です。「十字路の左半分」の象形(「道を行く」の意味)と

上にまじないの十をつけた目の象形と心臓の象形」(「まっすぐな心」の

意味)」から「まっすぐな心で人生を歩む」を意味する「徳」という漢字が

成り立ちました。

※「德」は「徳」の旧字(以前に使われていた)です。

※「徳」は「德」の略字です。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎 解明講座】の資料をもらってみて下さい。
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載されて
いて感動しますよ。また、古代中国の歴史がイメージできる
アニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。漢字の面白さ
が無限に広がる、もらって大満足
の資料となっております。
講座の受講は有料ですが、資料は無料でもらえるので、
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒もらって感動・大満足!!!
【漢字の謎 解明講座】の
無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「トク

訓読み:なし

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):
あきら」、「あつ」、「あつし」、「あり」、「いさお」、「」、
かつ」、「さと」、「ただし」、「とこ」、「とみ」、「なり」、
なる」、「のぼる」、「のり」、「めぐむ」、「やす」、「ゆき」、「よし

画数

14画」(徳)

15画」(德)

部首

彳(ぎょうにんべん(行人偏))

「彳」を含む漢字一覧

書き順・書き方(徳)
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る