漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「座」という漢字
「座」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「座」は小学6年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首書き順・書き方
意味

①「すわる場所」、「」(例:座席)

②「敷物

③「器具を置く台」(例:砲座)

④「畳を敷きつめた部屋。特に、客間」(例:座敷)

⑤「宴会の席」(例:座敷)

⑥「集まり」、「つどい」(例:座長)

⑦「地位」、「くらい(位)」、「階級

⑧「星の集まり」(例:星座)

日本のみで用いられる意味

⑨「くら(くらい(位)の略)」(例:高御座)

⑩「

 ア:「ギルド(中世、商品の製造・販売上、独占権を得ていた
    商工業者の組合)
」(例:紙座)

 イ:「江戸時代、貨幣や度量衡器(長さ・体積・質量を測る器具)
    などを製造した国の設置した場所
」(例:金座)

 ウ:「芝居などの興行場(入場料をとって人に演芸やスポーツを
    見せる場所)の名前の下につける語
」(例:歌舞伎座)

 エ:「芝居などの芸人の集団」(例:一座)

 オ:「仏像などを数える

⑪「すわる

 ア:「ひざを折り曲げて、物の上に尻をつける

 イ:「ある地位・役につく

⑫「います(ある・いるの尊敬語)

成り立ち

会意兼形声文字です(广+)。「屋根」の象形(「」の意味)と

向かい合う人の象形と土地の祭る固め

象形
」(「すわる」の意味)から、家屋の中の「すわる場所」を意味

する「座」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎 解明講座】の資料を無料でもらってみて
下さい。ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで
記載
されていて感動しますよ。また、古代中国の歴史が
イメージできるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
講座の受講は有料ですが、資料は無料でもらえますので、
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒もらって大満足【漢字の謎 解明講座】
の無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「

訓読み:「すわ(る)

常用漢字表外:「いま(す)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「」、「おき」、「くら

画数

10画

部首

广(まだれ(麻垂))

「广」を含む漢字一覧

書き順・書き方
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る