漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「割」という漢字
「割」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「割」は小学6年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「わる」、「さく

 ア:「刃物で切り分け

 イ:「いくつかに分け」(例:分割)

 ウ:「分けて奪う

 エ:「分け与え

 オ:「破る

 カ:「減らす

 キ:「切り取る

 ク:「断ち切る

 ケ:「壊す」(例:花瓶を割る)

 コ:「割り算する

 サ:「押し分け」、「割って入る

 シ:「多くの中に少しを混ぜる」(例:酒に水を割る)

 ス:「細かにする」(例:事を割って話す)

 セ:「打ち明ける」(例:腹を割る)

 ソ:「一定の限度を下回る」(例:株価が1万円を割る)

 タ:「まとまっているもの、組織などを分裂させる」(例:党を割る)

 チ:「きまった範囲の外に出る」(例:土俵を割る、ラインを割る)

 ツ:「ぶつかったりして、傷をつける」(例:ぶつかって額を割る)

 テ:「足を開き膝を曲げ、体をまっすぐにした姿勢で腰を低くする
   (例:相撲で腰を割って寄り切る)

 ト:「手形を割り引く」(例:手形を割る)

 ナ:「追い求めて捜し出す」(例:ほしを割る)

②「われる

③「わり

 ア:「二つの数量を比べた時に、一方が他方の何倍にあたるか
    という関係
」、「比率」(例:割合)

 イ:「引き当て」(例:部屋割り)

 ウ:「十分の一」(例:五割引き)

[裂・割の使い分け](さく)

」・・・「無理に2つを離す。」(例:紙を裂く、仲を裂く)

」・・・「刃物などで切り分ける。」(例:魚を割く)

成り立ち

会意兼形声文字です(+刂())。「」の象形と「屋根の象形ときざみ

つける象形と口の象形
」(祈りの言葉を切り刻むさまから、「傷つける・

殺す・断ち切る
」の意味)から、刀で「たちきる」を意味する「割」という

漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎 解明講座】の資料をもらってみて下さい。
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載されて
いて感動しますよ。また、古代中国の歴史がイメージできる
アニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。漢字の面白さ
が無限に広がる、もらって大満足
の資料となっております。
講座の受講は有料ですが、資料は無料でもらえるので、
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒もらって感動・大満足!!!
【漢字の謎 解明講座】の
無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「カツ

訓読み:「さ(く)」、「わり」、「わ(る)」、「わ(れる)

常用漢字表外:「は(やす)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「さき

画数

12画

部首

刂(りっとう(立刀))

「刂」を含む漢字一覧

漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る