漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「殺/殺」という漢字
「殺/殺」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「殺」は小学4年生で習います。「殺」は常用漢字外です。)

成り立ち読み方画数・部首書き順(殺)
意味

①「ころす

 ア:「生物(動物・植物等の持つもの)を完全にかない
    状態にする。取る終わりにする。さつ。

   (例:を殺す、殺害、自殺)

 イ:「自分ではどうすることもできないで、らせる。
   (例:惜しいを殺した)

 ウ:「活動や動作を抑える止める」(例:を殺す、感情を殺す)

 エ:「勢い弱める」(例:球速を殺す)

 オ:「その持つ能力・長所を発揮できない状態にする
   (例:才能を殺す)

 カ:「相手をませる・惑わせる」(例:を殺す魅力)

 キ:「競技やゲームで、かの方法によって相手の
    活動できないようにする
」(例:徹底したマークで勢いを殺す)

 ク:「になるその動作をする」(例:褒め殺す)

 ケ:「質に入れる(約束を守る保証として相手に預けておく)
   (例:の時計を殺しておく)

②「って落とす」、「滅ぼす」、「なくす」、「除く」(例:抹殺)

③「程度をめる」(例:悩殺、黙殺)

④「減らす」、「削る」、「省く」(例:相殺、減殺)

⑤「死ぬ

⑥「損なう」、「破る」、「壊す」、「切る

⑦「得る」、「狩猟で獲物を手に入れる

⑧「いけにえ(や動物を生きたまま供えること。また、その供え物)

⑨「厳しい」、「激しい」、「すごい」(例:殺気、殺到)

⑩「衰える」、「くなる」、「小さくなる

⑪「違い」、「隔たり」、「区別

⑫「凶作(農作物の出来が非常に悪い)」、「穀物がらない

⑬「細い」、「小さい

⑭「縫(ぬ)う

⑮「はなはだ(程度が普通の状態を遥か超えている様(さま)」、
  「非常に

⑯「咳込む(せきこむ)

成り立ち

会意文字です。「猪(いのしし)などの」の象形と「

持つ
」象形から「ころす・いけにえ」を意味する「殺」という

漢字が成り立ちました。

※「殺」は「殺」の略字です。

※「殺」は「殺」の旧字(以前に使われていた)です。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちの歴史背景まで学びたい人はぜひ、
【漢字の謎解明講座】の資料をもらってみて下さい。
資料は無料でもらえるので、早速、資料請求してみた所、
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しました。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
資料請求は無料ですので、ぜひ、資料をもらってみて下さい。

⇒【漢字の謎 解明講座】の無料資料
申し込みはこちら




読み

音読み:「サツ」、「サイ」、「セツ

常用漢字表外:「セチ

訓読み:「ころ(す)

常用漢字表外:「ごろ(し)」、「そ(ぐ)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

画数

10画」(殺)

11画」(殺)

部首

殳(ほこづくり(殳旁)、るまた(ル又))

「殳」を含む漢字一覧

書き順・書き方(殺)
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る