漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「得」という漢字
「得」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「得」は小学4年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首書き順・書き方
意味

①「える(うる)」(反意語:失)

 ア:「手に入れる」、「自分のものとする」(例:取得、拾得)

 イ:「欲張る」、「むさぼる(飽きるなく欲しがる)

 ウ:「知る」、「悟る(理解する)」(例:納得)

 エ:「足りる

 オ:「満足する」(例:得意)

 カ:「かなう」、「合う」、「つぼにはまる」、「うまくいく

 キ:「親し」、「気が合う」、「気に入る

②「う(~できる)

③「利益」、「もうけ」(反意語:損)

④「徳のある(一緒にいて安心できる、頼りたくなる)

⑤「徳とする(感謝する)


[得・能の使い分け](できる)

」・・・「機会や便宜(運)に恵まれてできる。

」・・・「能力があってできる。


[得・獲の使い分け](える)

」・・・「手に入れる、自分のものにする。」(例:信頼を得る)

」・・・「狩りをして魚や鳥獣を捕える、捕まえる。」(例:魚を獲る)


[得・徳の使い分け](とく)

」・・・「利益、もうけ」(例:お買い得)

」・・・「値打ちがある、好結果
     (例:早起きは三文の徳、お徳用)

成り立ち

会意兼形声文字です(彳++)。「十字路の左半分」の象形

(「道を行く」の意味)と「貝(貨幣)と手」から、歩いて行って貨幣を

手に入れる」を意味する「得」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちの歴史背景まで学びたい人はぜひ、
【漢字の謎解明講座】の資料をもらってみて下さい。
資料は無料でもらえるので、早速、資料請求してみた所、
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しました。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
資料請求は無料ですので、ぜひ、資料をもらってみて下さい。

⇒【漢字の謎 解明講座】の無料資料
申し込みはこちら




読み

音読み:「トク

訓読み:「え(る)」、「う(る)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):
あり」、「なり」、「のり」、「やす

画数

11画

部首

彳(ぎょうにんべん(行人偏))

「彳」を含む漢字一覧

書き順・書き方
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る