漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「至」という漢字
「至」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「至」は小学6年生で習います。「至」は部首です。)

成り立ち読み方画数・部首解説書き順・書き方
意味

①「いたる

 ア:「来る」、「やって来る

 イ:「到着する

 ウ:「及ぶ」(例:必至)

 エ:「ゆきわたる」、「行き渡る

 オ:「限度・限界・最高に達する

②「いたって(普通の程度をはるかに超えているさま、非常に)
  (例:至急、至難)

③「いたり(限界・限度・最高)」(例:至誠)

④「いたす(限界・限度・果てまで行きつかせる、すべてを出し切る)
  (例:至人)

⑤「1年中でもっとも日の短い日と長い」(例:冬至、夏至)

成り立ち

指事文字です。「矢が地面につきささった」象形から、「いたる」を

意味する「至」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎 解明講座】の資料をもらってみて下さい。
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しますよ。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
講座の受講は有料ですが、資料は無料でもらえるので、
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒もらって大満足【漢字の謎 解明講座】
の無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「

訓読み:「いた(る)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):
いたる」、「」、「ちか」、「のり」、
みち」、「むね」、「ゆき」、「よし

画数

6画

部首

至(いたる、いたるへん(至偏))

「至」を含む漢字一覧

部首解説:
「至」をもとにして、「いたる」の意味を含む漢字ができている。

書き順・書き方
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る