漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「子」という漢字
「子」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「子」は小学1年生で習います。「子」は部首です。)

成り立ち読み方画数・部首解説書き順・書き方
意味

①「

 ア:「から生まれや遺伝子を受け継ぐ

 イ:「が、自分がみ出した子供と同じように
    養い育てる者
」(例:養子)

 ウ:「動物のまれてもないもの。また、などのや、
    からかえったばかりのもの。


 エ:「まだ大人になっていない

 オ:「植物のからたもの

 カ:「主だったものに、従う関係にあるもの」(例:子会社)

 キ:「トランプや花札などで、親以外の立場になる

 ク:「元金(事業などを始めようとするときに必要な金銭)
    からじた利益


 ケ:「その仕事をするの意味」(例:売り子、振り子)

 コ:「女性のする動作や仕事にいて、それをするが若い女性
    であることを表す
」(例:踊り子)

 サ:「女性の名前にいて、それが女性であることを表す」(例:花子)

 シ:「その場所や時代にまれたの意味を表す」(例:江戸っ子)

②「果実

③「男子の尊称(尊敬の気持ちをって呼ぶ名前)

⑤「男子の自称(自分で名乗る事)

⑥「あなた(二人称代名詞。話し手(書き手)にして、
  聞き手(読み手)をさし示すもの。


⑦「~する

⑧「物の名にそえる接尾語」(例:帽子)

⑨ 「思想家」、「哲学者

ね(十二支の第一位、方位はでは、陰暦11月、時刻は
  12時。または、その前後2時間、動物ではねずみ、五行では)


十二支とは、占いの道具として設定された
  ・酉・戌・の総称のいます 。

⑪ 「慈しむ(目下の弱いをかわいがって大事にする)

⑫「愛する

成り立ち

象形文字です。「頭部が大きのなよやかな乳児」の象形から、

」を意味する「子」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎 解明講座】の資料を無料でもらってみて
下さい。ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで
記載
されていて感動しますよ。また、古代中国の歴史が
イメージできるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
講座の受講は有料ですが、資料は無料でもらえますので、
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒もらって大満足【漢字の謎 解明講座】
の無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「」、「

訓読み:「

名前(音読み・訓読み以外の読み):
さね」、「しげ」、「しげる」、「たか」、「ただ」、「たね」、
ちか」、「つぐ」、「とし」、「」、「」、「みる」、「やす

画数

3画

部首

子(こ、こへん(子偏)、こども(子供)、こどもへん(子供偏))

「子」を含む漢字一覧

部首解説:
「子」をもとにして、色々な子供やそれに関する漢字ができている。

書き順・書き方
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る