漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「辰」という漢字
「辰」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「辰」は常用漢字外(人名用漢字)です。「辰」は部首です。)

成り立ち読み方画数・部首解説
意味

①「たつ(十二支の第五位)

 ア:「方位では東南東

 ウ:「月では陰暦3月

 エ:「時刻では午前8時。また、それを中心とした2時間。
    一説にそれ以降の2時間


 オ:「動物では竜(たつ)

②「十二支

※十二支とは、子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥
  総称である。全部で12種ある。占いの道具として設定された。

③「時刻

④「日時(日にちと時刻)」(例:佳辰)

⑤「」、「早朝

⑥「日や月がその時にある場所

⑦「日・月・星。また、その総称

⑧「星の名前

 ア:「さそり座の首星アンタレス。和名:なかごぼし

 イ:「さそり座の西部にある星。和名:そいぼし

 ウ:「北極星」(例:北辰)

成り立ち

象形文字です。「2枚貝が殻から足を出している」象形から、

蜃(しん-蜃気楼を作り出す伝説の生物)」の意味だが、借り

(同じ読みの部分に当て字として使って)、十二支の5番目「たつ」を

意味する「辰」という漢字が成り立ちました。


蜃気楼とは、下層大気の温度差などで空気の密度差があるとき、
  光の異常屈折により、見えないはずの物体が見える現象の
  言います。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
【漢字の謎 解明講座】の資料も合わせてもらってみて下さい。

ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しますよ。

また、古代中国の歴史がイメージできるアニメの絵も
あって
とてもわかりやすかったです。

講座の受講は有料ですが、資料は無料でもらえるので、
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒【漢字の謎 解明講座】
の無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「シン

常用漢字表外:「ジン

訓読み:「たつ

名前(音読み・訓読み以外の読み):「とき」、「のぶ」、「のぶる」、「よし

画数

7画

部首

辰(たつ、しんのたつ(辰のたつ))

「辰」を含む漢字一覧

部首解説:
「辰」は「貝殻」をし、それを農具に用いから、「辰」をもとに
して、農耕に関係する漢字ができている。

漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る