漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「風」という漢字
「風」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「風」は小学2年生で習います。「風」は部首です。)

成り立ち読み方画数・部首解説書き順・書き方
意味

①「かぜ

 ア:「空気の流れ向き速さ表す」(例:向きの風、風が強い)

 イ:「その感じられる人々のようす」(例:この地域の冷たい)

 ウ:「世の中(社会)の動きや状態(ありさま)」(例:野党に風が吹く)

 エ:「扇子

 オ:「空気中のウィルス(の生物の細胞を利用して、自己を複製させる
    ことのできる微小な構造体)が体内にり、・鼻水がたり、
    腫れたりする病気
」(例:風邪)

 カ:「その土地や伝わる生活や行事決まり(習慣)

 キ:「態度」、「からてわかるの状態(ありさま)
   (例:先輩風を吹かせる)

②「ふう

 ア:「その土地やに伝わる生活や行事などの決まり(習慣)
   (例:風習)

 イ:「人や物の姿」(例:スポーツマン風な身体つき、風体、風貌)

 ウ:「態度」、「からてわかるの状態(ありさま)
   (例:知ってる風な意見、インド風な料理)

 エ:「世間(社会)への見た目

 オ:「性格の傾向(特徴)

 カ:「目に映る広い範囲の眺め。景色。」(例:風景)

 キ:「教え」、「導き」(例:風教)

 ク:「「詩経(中国最古の詩集)」の六義 (りくぎ-六種の内容の分類) 
    のつ。諸国の民衆のられた詩歌。


③「吹く」、「風が吹く

④「涼む」、「風にあたる

⑤「さかりがついて(動物が交尾可能な状態になって)、
  雄(オス)雌(メス)いかける


⑥「速い」、「風のように速い

⑦「」、「歌う

⑧「ほのめかす(それとなく言葉や態度にして示す)
  (同意語:諷)

成り立ち

会意兼形声文字です(+)。甲骨文では「風をはらむ(受ける)」の

象形(「かぜ」の意味)でしたが、に、「風に乗る、たつ()」の象形が

追加され、「かぜ」を意味する「風」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちの歴史背景

漢字の成り立ちの歴史背景まで学びたい人はぜひ、
【漢字の謎解明講座】の資料をもらってみて下さい。
資料は無料でもらえるので、早速、資料請求してみた所、
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しました。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。


資料請求は無料ですので、ぜひ、資料をもらってみて下さい。





読み

音読み:「フウ」、「

訓読み:「かぜ」、「かざ

画数

9画

部首

風(かぜ、かぜかまえ(風構))

「風」を含む漢字一覧

部首解説:
「風」をもとにして、色々な風の名称や風の表す漢字ができている。

書き順・書き方
漢字・漢和辞典/学習教材:OK辞典 トップへ戻る