漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「虫/蟲」という漢字
「虫/蟲」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「虫」は小学1年生で習います。「蟲」は常用漢字外です。
「虫」は部首です。)

成り立ち読み方画数・部首解説書き順(虫)
意味

[虫・蟲の意味]

①「むし

 ア:「(全身に生え、4き、育てる動物)・
    以外の小動物の総称。に昆虫を言う


 イ:「美しい鳴く「ア」。スズムシ・マツムシなど。

 ウ:「衣類やなどを荒らすを与える「ア」

 エ:「人間の身体の生きる「ア」

 オ:「子供の身体が弱いために起こる種々の病気

 キ:「人間の体内にいて、意識や心理状態を左右すると
    考えられていたもの
」(例:浮気の虫)

 ク:「一つのに熱中する」(例:仕事の虫)

 ケ:「(害虫に例えて)愛人。浮気相手。

 コ:「他の語と合わせて、をばかにしてったりったり
    する言葉
」(例:弱虫、泣き虫)

②「動物(植物以外の生物)の総称

③「虫虫は、蒸し暑いさま

[虫のみの意味]

④「まむし(の名前)

「まむし」とは・・・日本に多く生息する全長45 - 80センチ

メートルの
です。年間約3,000人が被害を受け、死者は

5 - 10名程度
と意外と毒性が低いです。

成り立ち

象形文字です。「大きくてグロテスクなまむし」の象形から、

まむし」、「むし」を意味する「虫」という漢字が成り立ちました。
(「蟲」は「会意文字」です。)

※「虫」と「蟲」は別字でしたが、のちに、「蟲」の略字として、
  「虫」が用いられるようになりました。

※「蟲」は「虫」の旧字(以前に使われていた)です。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎解明講座】の資料を無料でもらってみて
下さい。ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで
記載
されていて感動しますよ。また、古代中国の歴史が
イメージできるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
漢字の面白さが無限に広がる、もらって大満足の資料となって
おります。ぜひ、資料をもらってみて下さい。

⇒もらって大満足【漢字の謎 解明講座】
の無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「チュウ(チウ)」、「ジュウ(ヂウ)」、「

訓読み:「むし

画数

6画」(虫)

18画」(蟲)

部首

虫(むし、むしへん(虫偏))

「虫」を含む漢字一覧

部首解説:
「虫」をもとにして、動物の名称や状態を表す漢字ができている。

書き順・書き方
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る