漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「荒」という漢字
「荒」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「荒」は中学生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「あれる

 ア:「雑草が地を覆う」、「雑草が生い茂る

 イ:「盛んだったものが、盛んでなくなる

 ウ:「使われなくなる」、「行われなくなる

 エ:「風・波・天候などが穏やかでなくなる

 オ:「態度・行動などが穏やかでなくなる

 カ:「生活や心などが乱れて、穏やかでなくなる

 キ:「肌が乾燥してカサカサした状態になる

 ク:「の進行が普通でなくなる

 ケ:「相場が激しく変動する

②「あれた土地

③「不作(作物の出来が悪い事)

④「覆う」、「覆いかぶさる」、「覆い

⑤「忘れる

⑥「無視する

⑦「過ぎ去った思い起こさない

⑧「すさむ」、「すさぶ

 ア:「生活や心などが乱れて、穏やかでなくなる

 イ:「雨や風などの勢いが激しくなる」、「ひどくなる

 ウ:「の繊細さ・上品さが失われていいかげんになる

 エ:「1つの事に集中しすぎて、心を奪われる」(例:酒にすさむ)

 オ:「勢いが尽きて衰える

⑨「滅びる」、「敗れる

⑩「滅ぼす

⑪「遠い」、「遠い果ての地

⑫「大き」、「大きくする

⑬「むなしい

 ア:「内容がない

 イ:「無駄である

⑭「嘘(うそ)

日本のみで用いられる意味

⑮「あらい

 ア:「乱暴」、「態度や行動が穏やかでない

 イ:「勇気があって強そうである

 ウ:「風雨などが激しい

 エ:「程度が普通の状態を超えている

⑯「あれ

 ア:「暴風雨

 イ:「肌がボロボロになる

 ウ:「の状態・勢力がひどく変化する

⑰「あらす(害を与える)

[粗・荒の使い分け](あらい)

」・・・「大まか」、「大ざっぱ」(例:粗い縫い目)(「」の反意語)

」・・・「勢いが激しい」(例:金使いが荒い)(「穏やか」の反意語)

成り立ち

会意兼形声文字です。「生え」の象形と「人の死体に何か物を

添えた象形と大きな川の象形
」(「大きな川のほか何もない」の意味)

から、「あれはてた草のほか何もない」意味する「荒」という漢字が

成り立ちました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎解明講座】の資料を無料でもらってみて
下さい。ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで
記載
されていて感動しますよ。また、古代中国の歴史が
イメージできるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
漢字の面白さが無限に広がる、もらって大満足の資料となって
おります。ぜひ、資料をもらってみて下さい。

⇒もらって大満足【漢字の謎 解明講座】
の無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「コウ

訓読み:「あら(い)」、「あ(らす)」、「あ(れる)

常用漢字表外:「すさ(ぶ)」、「すさ(む)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「あらう」、「あらら」、「

画数

9画

部首

(くさ、くさかんむり(草冠)、そうこう)

「艹・艹・艸」を含む漢字一覧

漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る