漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「艹」という漢字
「艹」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「艹」は常用漢字外です。「艹」は部首です。)


成り立ち読み方画数・部首解説
意味

①「あげまき・つのがみ(子供が分け、両方の
  いて作る髪型)


②「磺(あらがね-掘り出したままで、まだ、不純物を取り除いていない金属)
  の古字


古字とは、特に古い起源を持つ漢字で、現在では廃れ使われ
 なくなった漢字のいます。

成り立ち

象形文字です。「子供の髪型:あげまき」の象形から「あげまき」を

意味する「艹」という漢字が成り立ちました。

※「艹」は「丱」の原字です。

原字とは、漢字「A」に複数の意味がある場合、その意味を明らか
 するに、漢字「A」にある文字を加え漢字「B」がられたの、
 漢字「A」のいます。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎 解明講座】の資料をもらってみて下さい。
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載されて
いて感動しますよ。また、古代中国の歴史がイメージできる
アニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。漢字の面白さ
が無限に広がる、もらって大満足
の資料となっております。
講座の受講は有料ですが、資料は無料でもらえるので、
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒もらって感動・大満足!!!
【漢字の謎 解明講座】の
無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「カン(クヮン)」、「ケン」、「コウ(クヮン)

訓読み:「あげまき

画数

4画

部首

・艹・(くさ、くさかんむり(草冠)、そうこう)

「艹・艹・艸」を含む漢字一覧

部首解説:
「艹」の部首名は「くさ、くさかんむり」で「艸・」と同じだが、
ている・「艹」が「」にされる同じ読みになっている
だけで、起源・意味は全く異なる

漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る