漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「巻/卷」という漢字
「巻/卷」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「巻」は小学6年生で習います。「卷」は常用漢字外(人名用漢字)です。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「まく

 ア:「長い物の一方を中心としてくるくるとまとめる

 イ:「束ねる」、「まとめる

 ウ:「収束する(分裂・混乱していたものが、まとまって
    落ち着いた状態になる)」


 エ:「とりまく」、「囲む

 オ:「くるくると回して上に上げる

 カ:「登山で、ルートの途中にある難所を避け、迂回して登る

 キ:「テレビ・演劇などで、予定した時間よりも早まる

 ク:「言葉も出ないほど驚いたり、感心したりする」(例:舌を巻く)

 ケ:「酒に酔って、内容のないこと、不平などを繰り返し言う」(例:管を巻く)

②「ひざが曲がる

③「まがる(曲)」、「まげる(曲)

④「まき(巻物や書物。また、それを数える語)」(例:上巻)

⑤「握りこぶし

⑥「髪が美しい

成り立ち

会意兼形声文字です。「分散しかけたもの」の象形と「両手」の象形

(「両手で持つ」の意味)と「ひざを曲げている」の象形から、「まるくまく」、

たばねる」を意味する「巻」という漢字が成り立ちました。

※「巻」は「卷」の略字です。

※「卷」は「巻」の旧字(以前に使われていた)です。


読み

音読み:「カン

常用漢字表外:「ケン

訓読み:「まき」、「ま(く)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「まる

画数

9画」(巻)

8画」(卷)

部首

「巻」の部首
(おのれ)

「己・已・巳」を含む漢字一覧

「卷」の部首
⺋(ふしづくり(節旁)、わりふ、まげわりふ)

「⺋」を含む漢字一覧

漢字・漢和辞典/学習教材:OK辞典 トップへ戻る