漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「精/精」という漢字
「精/精」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「精」は小学5年生で習います。「精」は常用漢字外です。)

成り立ち読み方画数・部首書き順(精)
意味

①「くわしい」、「細かい」(例:精細、精巧)

②「」、「」(例:精根、精神)

③「まこと(本当)

④「真実の心」、「本当の気持ち

⑤「

⑥「もののけ(人間に憑いて苦しめたり、病気にさせたり、死に至ら
  せたりするといわれる怨霊、、生霊など霊のこと)
」、
  「あやしく不思議なもの」(例:精霊)

⑦「白米(ついて白くした米)

⑧「米をついて白くする」(例:精米)

⑨「まじりけがない」、「純粋」(例:精粋)

⑩「もっぱら(ある1つのに集中するさま、ひたすら)」(例:精一)

⑪「すぐれている」(例:精鋭、精兵)

⑫「清い(汚れ・にごりなどがなく美しい、気持ちに損得を考えたり
  かけひきしたりする気持ちがない)
」、「清らか」(例:精純)

⑬「深い

⑭「」、「日月の光

⑮「日・月・星

⑯「もと

 ア:「生命の根源」、「生殖(生物が自らと同じ種に属する個体を
    つくること)のもととなるもの
」(例:精液)

 イ:「万物を生成する陰陽の気

成り立ち

会意兼形声文字です(+())。「横線(穂)と六点(米)」の象形(「」の

意味)と「が地上に生えてきた象形と井げたの中の染料(着色料)の

象形
」(「青くすみきる」の意味)から、「きれいについた米」、「すんだ心

を意味する「精」という漢字が成り立ちました。

※「精」は「精」の旧字(以前に使われていた)です。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちの歴史背景まで学びたい人はぜひ、
【漢字の謎解明講座】の資料をもらってみて下さい。
資料は無料でもらえるので、早速、資料請求してみた所、
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しました。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
資料請求は無料ですので、ぜひ、資料をもらってみて下さい。

⇒【漢字の謎 解明講座】の無料資料
申し込みはこちら




読み

音読み:「セイ」、「ショウ(シャウ)

訓読み:常用漢字表内はなし

常用漢字表外:「くわ(しい)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):
あき」、「あきら」、「きよ」、「きよし」、「くわし」、「しげ」、
しら」、「すぐる」、「すみ」、「ただ」、「ただし」、「つとむ」、
ひとし」、「まこと」、「まさし」、「もと」、「もり」、「よし

画数

14画」(精・精)

部首

米(こめ、こめへん(米偏)、よねへん(米偏))

「米」を含む漢字一覧

書き順・書き方(精)
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る