漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「脂」という漢字
「脂」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「脂」は中学生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「あぶら(溶けず、よりも軽い燃やすのできる物質の
  総称。動物性・植物性・鉱物性がある。)


②「あぶらぎる」(同意語:)

 ア:「表面に①が浮か出る

 イ:「しつこい感じがする

③「あぶらがのる

 ア:「などが季節によって脂肪が増えくなる

 イ:「調子がて仕事や勉強が順調に進む

③「あぶらをさす(あぶらを入れる)」、「あぶらを塗る

④「樹木のやに(植物が出す混合物質)」(例:樹脂)

⑤「べに(紅色の着色料)」、「口紅」(例:脂粉)


[油・脂の使い分け](あぶら)

」・・・「気温が15度~25度のに液体状のもの」(例:ごま油)

」・・・「気温が15度~25度のに固体状のもの」(例:脂肪)


成り立ち

会意兼形声文字です(月()+)。「った」の象形と「さじの象形と

の象形
」(にさじで食物を流し込むさまから、「うまい」の意味)から、

のうまみを意味し、そこから、「あぶらがのる」、「あぶら」を意味する

「脂」という漢字が成り立ちました。


日本語も合わせて学んでみよう!

漢字と関わりの深い日本語を学んで、
漢字の知識をもっと深めてみませんか?

世界中の人々に、日本語/漢字の歴史・魅力(素晴らしさ)
を伝えられるようになりますよ(^^♪

講座の受講は有料ですが、資料は無料でもらえる
ので、ぜひ、資料請求してみて下さい。


⇒【日本語教師入門講座】
無料資料申し込みはこちら



読み

音読み:「

訓読み:「あぶら

常用漢字表外:「べに」、「やに

画数

10画

部首

月(つき、つきへん(月偏)、にくづき(肉月))

「月」を含む漢字一覧

美しい漢字の書き方

100万人を超える指導実績を持つ
【がくぶんのペン字講座】無料資料には、
漢字を上手に書くコツがすごく細かく記載されており、
それを参考に漢字を書いてみると、ビックリするくらい
美しい漢字が書ける
ようになってすごい感動しました!

美しい字が書けるようになると、周りの人からも
褒められて、とても気持ちが良い
です!
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒美しい漢字が書けるようになる
【ペン字講座】の無料資料はこちら


漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る