漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「幅」という漢字
「幅」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「幅」は中学生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「はば

 ア:「織物横の広さ。周代、二尺二寸を一幅とした。約47.25cm

 イ:「物の横の端から端までの距離」(例:幅員)

 ウ:「声・価格などの高低の隔たり」(例:幅のある声、値上げの幅)

 エ:「制約の中で自由にできる、ゆとり」(例:規則に幅をもたせる)

 オ:「その領域で実力があり、発言力が大きいこと
   (例:この世界では彼は幅が利く)

②「布地、きれじ(衣服のの布)

③「ふち(物の端)

④「上辺」、「見栄(見た目、外観)

⑤「掛け物」、「掛け軸」、「掛け軸を数える」(例:双幅)

⑥「むかばき(旅行や狩りなどの際に足をおおった布また革)

成り立ち

会意兼形声文字です(+畐)。「頭に巻く布きれにひもをつけて帯に

さしこむ
」象形(「布きれ」の意味)と「神に捧げる酒たる」の象形

(「りっぱな財産・ゆたかな」の意味)から、ゆたかな布・幅広い布を意味し、

そこから、「(布の)はば」を意味する「幅」という漢字が成り立ちました。


読み

音読み:「フク

訓読み:「はば

画数

12画

部首

巾(きんべん(巾偏)、はば、はばへん(幅偏))

「巾」を含む漢字一覧

美しい漢字の書き方

100万人を超える指導実績を持つ
【がくぶん ペン字講座】無料資料には、
漢字を上手に書くコツが細かく記載されている
ので、とても美しい漢字が書けるようになりました。

以前は、《字が読みづらい》と指摘される事も多かった
のですが、無料資料に書いてある内容を実践して
からは、《キレイな字だね》と褒められてるように
なり、すごく嬉しかった
です。

日本ペン習字研究会 会長:田中鳴舟先生が、

◇左右対称になる美しい漢字の書き方

◇バランスの良い漢字の書き方

◇美しい漢字を書く為の訓練法

非常に細かく解説してくれており、
それ(プロの教え)を実践したおかげだと強く感じました。

読みづらくて汚い字だと、周りの評価も低くなってしまう
ので、参考にしてみて下さいね。


≪とても美しい漢字≫が書けるようになる
【ペン字講座】の無料資料はこちら


漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る