漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「玉/⺩」という漢字
「玉/⺩」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「玉」は小学1年生で習います。「⺩」は常用漢字外です。
「玉/⺩」は部首です。)

成り立ち読み方画数・部首解説書き順(玉)
意味

①「たま

 ア:「丸い美しいの総称。真珠。ぎょく。」(例:玉を磨く、玉石)

 イ:「丸いをした」(例:の玉、玉の)

 ウ:「レンズ」(例:眼鏡の玉を研く)

 エ:「そろばんで、はじく丸い」(例:玉をはじく)

 オ:「玉子(を調理した)の」(例:ゆで玉)

 カ:「きわめて大切に思う貴重な」(例:掌中の玉)

 キ:「りがあって美しく、清らか美し優れている
    ぎょく。
」(例:玉の、玉肌、玉顔、玉露)

 ク:「に策略の手段として使う品物・現金
   (例:賄賂の玉に商品券を使う)

 ケ:「の価値を評価する」(例:善玉菌、悪玉菌)

 コ:「美しい女性」(例:上玉)

 サ:「遊女」(例:上玉)

※遊女とは、躍りにより楽しませ、との性行為(子作りを
  するに使用する性器を使った行為)をも行う言う

 シ:「ばかにしてったりったりするに、をその程度の
    人物であるとめつける
」(例:はたいした玉だ)

 ス:「金玉(男性の精子を作る)の

 セ:「紋所(家々で定めている紋章)の名前。「ア」のをしている

 ソ:「神を祭る儀式や天子(治める最も地位の高い)や
    価値が高いし、優れている・尊敬・地位や
    身分が高いの意味を表す。ぎょく。

    (例:玉垣、玉座、玉音、玉楼)

 タ:「「ア」のように美しい、「ア」をりばめたなどの意味。ぎょく。
   (例:玉藻、玉櫛笥、玉階)

②「たまにする

 ア:「美しいのように立派にする

 イ:「美しいを大切にする

③「将棋の」(例:玉将)

④「芸者(宴会のったりったりする)・遊女の
  (例:玉代、半玉)

⑤「玉代(芸者・遊女と遊ぶの代金)の

⑥「取引所で売買物件を言う

[玉・球・弾の使い分け](たま)

」・・・「ボール・電球」(例:野球の球、電球の球)

」・・・「鉄砲硬い」(例:弾丸)

※上記以外は、「玉」を用いる。(例:真珠の玉、の玉、上玉)

成り立ち

象形文字です。「3つの美しいたまを紐(ひも)した」象形から

たま」を意味する「玉/⺩」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちの歴史背景

漢字の成り立ちの歴史背景まで学びたい人はぜひ、
【漢字の謎解明講座】の資料をもらってみて下さい。
資料は無料でもらえるので、早速、資料請求してみた所、
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しました。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。


資料請求は無料ですので、ぜひ、資料をもらってみて下さい。





読み

音読み:「ギョク

常用漢字表外:「ゴク

訓読み:「たま

常用漢字表外:「ダン」、「オウ

名前(音読み・訓読み以外の読み):「きよ

画数

5画」(玉)

4画」(⺩)

部首

玉・⺩(おう(王)、おうへん(王偏)、たま(玉)、たまへん(玉偏))

「玉・⺩」を含む漢字一覧

部首解説:
「⺩」は「玉」が(左右にわせてできている漢字の左側の部分)に
なるで、「」とは関係がない。「玉・⺩」をもとにして、色々な玉の
種類や玉製の、玉の状態、玉の細工するなどに関係する漢字が
できている。

書き順(玉)
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る