漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「王」という漢字
「王」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「王」は小学1年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首書き順・書き方
意味

①「おう

 ア:「の君主・天子(治める最も地位の高い)」(例:国王、覇王)

 イ:「皇族(天皇の)と繋(つな)がりや婚姻関係にある
    (例:女王、親王)

 ウ:「から、領地をっている皇族や重臣の
    天子(治める最も地位の高い)は・皇帝とんだ。


 エ:「って天下を統治する(武力ではなく、自らの行動によって
    民衆の考えや行動に影響を与えて、天下を統治する)

    (武力・権力をってする「」にして言う)(例:王化、王道)

 オ:「血統(繋がり)ので一親等高いの尊称
    (例:王父、王母)

 カ:「頭(かしら)」、「長(おさ)」(例:百獣の王、魔王)

 キ:「大きい」(例:王業)

 ク:「①となる」、「①にする

 ケ:「盛ん」(同意語:)

 コ:「往(ゆ)く(目的地へ向かう)

 サ:「以下の皇族の男子の、明治以降は以下の
    皇族の男子の


成り立ち

象形文字です。「古代中国で、支配の象徴として用いられたまさかり

の象形から「きみ・おう」を意味する「王」という漢字が成り立ちました。

※「まさかりと(鉞)」は・・・刃渡りが大きいいます。

の時代、王が正義(制裁)を行う道具考えられいました。

※「」とは・・・に東アジアの漢字文化圏の王朝でみられた

君主(治める最も地位の高い)います。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちの歴史背景まで学びたい人はぜひ、
【漢字の謎解明講座】の資料をもらってみて下さい。
資料は無料でもらえるので、早速、資料請求してみた所、
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しました。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。


資料請求は無料ですので、ぜひ、資料をもらってみて下さい。





読み

音読み:「オウ

訓読み:なし

常用漢字表外:「おおきみ

名前(音読み・訓読み以外の読み):
」、「」、「きみ」、「こきし」、「こにきし」、
たか」、「まさ」、「」、「」、「わか

画数

4画

部首

玉・⺩(おう(王)、おうへん(王偏)、たま(玉)、たまへん(玉偏))

「玉・⺩」を含む漢字一覧

書き順・書き方
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る