漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「君」という漢字
「君」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「君」は小学3年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首書き順・書き方
意味

①「きみ」(同意語:)

 ア:「帝王・天皇・天子(治める最も地位の高い)。くん。
   (例:君のお言葉、君主)

 イ:「自分が仕えている。主人。くん。」(例:我が君、君公)

 ウ:「を尊敬して慕う気持ち・親しみの気持ちを込め言う
    くん。
」(例:いとしの君、父君)

 エ:「人名・官名(国家公務員の地位・担当する仕事の名前)に
    ついて尊敬の気持ちを表す
」(例:師の君)

 オ:「身分の高い言う。くん。」(例:君に従う、君子)

 カ:「遊女

※遊女とは、躍りにより楽しませ、との性行為(子作りを
  するに使用する性器を使った行為)をも行う言う

 キ:「古代の姓(かばね)

 ク:「あなた(二人称代名詞。(話し手(書き手)にして、
    聞き手(読み手)を示すもの。)
」(例:君の考え教えて)

 ケ:「同輩(同じ地位の)や目下の呼ぶ。くん。
   (例:君、ちょっと来てくれ、諸君)

②「同輩(同じ地位の)や目下のの姓名に付けて、親しみ
  軽い敬意(尊敬の気持ち)を表す主に男性の用いる
」(例:佐藤君)
  (くは目上のする尊敬の気持ちを表す呼び名として用いた)

③「諸侯」(例:君王、君侯)

諸侯とは、君主(治める最も地位の高い)の権力の範囲
 一定の領域を支配するされた家来である貴族の言う

④「君主の正妻(法律上の正式な)

⑤「君主としての役目を果たす」(例:君臨)

⑥「君主とする

成り立ち

会意兼形声文字です(尹+)。「神聖なにする」象形

(「神事(祭る儀式)を司る族長」の意味)と「」の象形から

神事を司る族長「きみ」を意味する「君」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎 解明講座】の資料をもらってみて下さい。
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しますよ。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
講座の受講は有料ですが、資料は無料でもらえるので、
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒もらって大満足【漢字の謎 解明講座】
の無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「クン

訓読み:「きみ

名前(音読み・訓読み以外の読み):
きん」、「」、「すえ」、「なお」、「よし

画数

7画

部首

口(くち、くちへん(口偏))

「口」を含む漢字一覧

書き順・書き方
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る