漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「球」という漢字
「球」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「球」は小学3年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首書き順・書き方
意味

①「たま(球形のもの、丸い物)」(例:地球)

③「まり(芯にぜんまい綿などを巻いた弾性の高い丸い物)

[玉・球・弾の使い分け](たま)

」・・・「美しいたま」(例:真珠の玉)

」・・・「球形のもの」(例:電球の球)

」・・・「鉄砲などの硬いたま」(例:弾丸)

成り立ち

会意兼形声文字です(王()+)。「3つの玉を縦のひもで貫き

とおした
」象形と「さき開いた毛皮」の象形(「求める」の意味だが、

ここでは、「1点を中心に集まる」の意味から1点を中心にまるく

なっている「美玉」を意味する「球」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちの歴史背景

漢字の成り立ちの歴史背景まで学びたい人はぜひ、
【漢字の謎解明講座】の資料をもらってみて下さい。
資料は無料でもらえるので、早速、資料請求してみた所、
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しました。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。


資料請求は無料ですので、ぜひ、資料をもらってみて下さい。





読み

音読み:「キュウ

訓読み:「たま

名前(音読み・訓読み以外の読み):「

画数

11画

部首

玉・⺩(おう(王)、おうへん(王偏)、たま(玉)、たまへん(玉偏))

「玉・⺩」を含む漢字一覧

書き順・書き方
漢字・漢和辞典/学習教材:OK辞典 トップへ戻る