漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「混」という漢字
「混」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「混」は小学5年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首書き順・書き方
意味

①「まじる(あるの中に種類や性質の異なる別のものが入り込む)」、
  「まざる」、「入り乱れる」(例:混入)

②「こむ(1つの所で多くや物が集まりいっぱいになる、
  が1度に重なる)
」(例:混雑)

③「まぜる(あるの中に種類や性質の異なる別のを入れる)」、
  「まぜ合せる」(例:混合)

④「にごる(濁)」、「にごす」(例:混濁)

⑤「合わせて1つにする」(例:混同)

⑥「物が1つになって分かれてないさま」、
  「はっきりと区別のつかないさま」(例:混然)

⑦「水が豊かに流れるさま」(例:混混)

[交・混の使い分け](まじる)

」・・・「溶け合わずにまざる、十字に交わる。
      (例:若者の中に老人が交じる)

」・・・「2つ以上のが溶ける。」(例:血が混じる)

成り立ち

会意兼形声文字です(氵()+)。「流れる」の象形と「足の多い

の象形(「群がり集まる虫」の意味)から、群がり集まってくる水を意味し、

そこから「まじる」を意味する「混」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方は、
【漢字の謎 解明講座】無料資料がオススメです。
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載されて
いて感動しますよ。また、古代中国の歴史がイメージできる
アニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。古代中国
の実情から漢字の本来の意味を学ぶ事ができます。

⇒【漢字の謎 解明講座】の無料資料
申し込みはこちら




読み

音読み:「コン

訓読み:「ま(じる)」、「ま(ざる)」、「ま(ぜる)」、「こ(む)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「むら」、「むろ

画数

11画

部首

氵(さんずい(三水))

「氵」を含む漢字一覧

書き順・書き方
サービスの魅力についても研究しています。

薬剤師求人/転職サイト:
ファルマスタッフリクナビ薬剤師マイナビ薬剤師

医師求人/転職サイト:
医師転職ドットコムマイナビDOCTOR

看護師求人/転職サイト:
マイナビ看護師

全身脱毛サロン
キレイモ(KIREIMO)コロリー(coloree)

大人気サービスの人気の秘密がわかります。
ぜひ、ご覧になってみて下さい。

漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る