漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「望」という漢字
「望」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「望」は小学4年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首書き順・書き方
意味

①「のぞむ

 ア:「願う」(例:希望、待望)

 イ:「見渡す」(例:眺望)

 ウ:「見上げる」(例:仰望)

 エ:「向き合う」、「相対する

②「のぞみ

 ア:「ねがい」(例:願望)

 イ:「ながめ」、「見晴らし

 ウ:「ほまれ(名誉)」、「名声」(例:声望)

③「うらむ」、「うらみ責める」、「うらみ」(例:怨望(えんぼう))

④「憂える(心の苦しみを人に訴える)

⑤「もち(満月、満月の日、陰暦十五夜の月)

⑥「祭りの名前。昔、王侯が柴を焼いて、領内の山川の神を
  祭った祭り。また祭られる山・大川。


[望・臨の使い分け](のぞむ)

」・・・「希望する、遠くを眺める。」(例:転職を望む、富士山を望む)

」・・・「そこへ行く、近くにある。」(例:会議に臨む、湖に臨むホテル)

成り立ち

会意兼形声文字です(+壬+亡)。甲骨文では「背伸びしたの上に

強調した目のある
」象形で「遠くをのぞむ」を意味する「望」という漢字が

成り立ちました。(金文から、「」が付されるようになり、「満月」の意味も

表すようになりました。)

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方は、
【漢字の謎 解明講座】無料資料がオススメです。
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載されて
いて感動しますよ。また、古代中国の歴史がイメージできる
アニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。古代中国
の実情から漢字の本来の意味を学ぶ事ができます。

⇒【漢字の謎 解明講座】の無料資料
申し込みはこちら




読み

音読み:「ボウ」、「モウ

訓読み:「のぞ(む)

常用漢字表外:「もち

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):
のぞみ」、「のぞむ」、「

画数

11画

部首

①「月(つき、つきへん(月偏)、にくづき(肉月))

「月」を含む漢字一覧

②「玉・⺩(おう(王)、おうへん(王偏)、たま(玉)、たまへん(玉偏))

「玉・⺩」を含む漢字一覧

書き順・書き方
サービスの魅力についても研究しています。

薬剤師求人/転職サイト:
ファルマスタッフリクナビ薬剤師マイナビ薬剤師

医師求人/転職サイト:
医師転職ドットコムマイナビDOCTOR

看護師求人/転職サイト:
マイナビ看護師

全身脱毛サロン
キレイモ(KIREIMO)コロリー(coloree)

大人気サービスの人気の秘密がわかります。
ぜひ、ご覧になってみて下さい。

漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る