漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「乙」という漢字
「乙」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「乙」は中学生で習います。「乙」は部首です。)

成り立ち読み方画数・部首解説
意味

①「きのと、おつ(十干の第二位。木の弟の意味。五行では、木に当てる)

②「第二。二番目。甲の次

③「かがまる(背・腰などが折れ曲がった状態になる)」、「曲がる

④「きしる(固い物がこすれ合って強くきいきいと音を立てる)

⑤「名前の代わりに用いる」(例:甲乙丙の3人)

⑥「本を読んでその読みどまりの所につけたしるし」、
  「文章の脱字を補う時のしるし

⑦「魚の内臓

⑧「魚のあごの骨

⑨「ひとつ。太一(古代中国における宇宙の根元を表す哲学的概念)を
  太乙という


⑩「つばめ」(例:乙鳥)

日本のみで用いられる意味

⑪「おつ

 ア:「普通と違って、なかなかおもしろい味わい(雰囲気)のあるさま

 イ:「普通とは違って変なさま

 ウ:「邦楽で、甲(かん)より一段低い

⑫「おと

 ア:「」、「終わり」(例:乙子)

 イ:「小さくてかわいらしい」(例:乙姫)

成り立ち

象形文字です。「ジグザグなもの」の象形から、物事がスムーズに進まない

さま・種から出た芽が地上に出ようとして曲がりくねった状態を表し、そこから、

まがる」、「かがまる」、「きのと」を意味する「乙」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
【漢字の謎 解明講座】の資料も合わせてもらってみて下さい。

ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しますよ。

また、古代中国の歴史がイメージできるアニメの絵も
あって
とてもわかりやすかったです。

講座の受講は有料ですが、資料は無料でもらえるので、
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒【漢字の謎 解明講座】
の無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「オツ

常用漢字表外:「イツ

訓読み:常用漢字表内はなし

常用漢字表外:「おと」、「きのと

名前(音読み・訓読み以外の読み):
」、「」、「くに」、「たか」、「つぎ」、「」、「とどむ

画数

1画

部首

乙(おつ、おつにょう(乙繞))」、「乚(おつ、おつにょう(乙繞)、つりばり)

「乙(乚)」を含む漢字一覧


部首解説:
「乙」と「乚」も曲がった示す漢字です。

漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る