漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「甲」という漢字
「甲」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「甲」は中学生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「きのえ(木の兄の意味)

 ア:「十干の第一位

※甲羅のような堅い殻に覆われた種の状態の意味から、十干の第一位に
  割り当てられた

 イ:「方位では東

 ウ:「五行では木

 エ:「時刻では午後8時、およびその前後の2時間

②「よろい(鎧)。また、よろいを着た兵士

③「こうら」、「亀のこうら」、「殻(から)」(例:亀甲)

④「の一番目」(例:甲乙丙丁)

⑤「

 ア:「手足の爪

 イ:「琴などの爪

⑥「種子の外皮。また、種子の皮についている芽生え

⑦「優れ」、「第一となる」、「最もすぐれた者」、「かしら(頭)

⑧「なにがし。それがし。名を知らぬ人・不定の呼ぶ語。また、
  他人の名の代わりにいう語


日本のみで用いられる意味

⑨「コウ

 ア:「物の背面」(例:手の甲)

 イ:「甲斐(山梨県)の略」(例:甲州)

⑩「カン(声の調子の高いこと)」(例:甲高い)

⑪「かぶと」(もと、「胄」が「かぶと」、「甲」が「よろい」であるのに、
  誤って逆に用いたから、甲も「かぶと」の意味を持つようになった。)

成り立ち

象形文字です。「尾をひいた亀の甲羅」の象形から「甲羅」、「

を意味する「甲」という漢字が成り立ちました。(借りて(同じ読み

部分に当て字として使って)、「きのえ(木の兄)(十干の第一位)」の

意味も表すようになりました。)


漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
【漢字の謎 解明講座】の資料も合わせてもらってみて下さい。

ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しますよ。

また、古代中国の歴史がイメージできるアニメの絵も
あって
とてもわかりやすかったです。

講座の受講は有料ですが、資料は無料でもらえるので、
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒【漢字の謎 解明講座】
の無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「カン」、「コウ

訓読み:常用漢字表内はなし

常用漢字表外:「かぶと」、「きのえ」、「つめ」、「よろい

名前(音読み・訓読み以外の読み):「」、「かつ」、「」、「」、「まさる


画数

5画

部首

①「田(た、たへん(田偏))

「田」を含む漢字一覧

②「曰(ひらび(平日)、いわく)

「曰」を含む漢字一覧

漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る