漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「曰」という漢字
「曰」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「曰」は常用漢字外です。「曰」は部首です。)


成り立ち読み方画数・部首解説
意味

①「言う。~であると言う。~であると述べる

②「~と名付ける」、「~と称する

③「のたまう

 ア:「言うの尊敬語。おっしゃる。

 イ:「自分の部下や身内にってかせる

④「いわく

 ア:「言うことには」(例:彼女が曰く)

 イ:「隠れ、理由」(例:曰く付きの物件)

⑤「のたまわく(おっしゃることには)

⑥「ここに(ある時点・場所を示す)」(例:曰に東京に至る)

成り立ち

象形文字です。「と呼気(から吐く)」の象形から、

音声をして言う」を意味する「曰」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎 解明講座】の資料をもらってみて下さい。
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しますよ。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
講座の受講は有料ですが、資料は無料でもらえるので、
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒もらって大満足【漢字の謎 解明講座】
の無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「エツ(ヱツ)」、「オチ(ヲチ)

訓読み:「い(う)」、「いわ(く)」、「ここ(に)」、「のたま(う)」、「のたま(わく)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

画数

4画

部首

曰(ひらび(平日)、いわく)

「曰」を含む漢字一覧

部首解説:
現在は「」のをとっているが、、「と呼気(から吐く)」の
象形をしていた「」、「」、「」などの部首である。また、「(太陽()
の象形)
」以外で「」の持つ漢字もこの部首に分類される。
部首「(太陽()の象形)」と区別するに、られた部首である。

漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る