漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「聞」という漢字
「聞」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「聞」は小学2年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首書き順・書き方
意味

①「きく

 ア:「受けるに感じ取る。ぶん。もん。
   (例:物音を聞く、見聞、前代未聞)

 イ:「感じて理解する。ぶん。もん。
   (例:友達のを聞く、見聞、聴聞)

 ウ:「を情報として受け入れる。ぶん。
   (例:聞くところによると、聞識)

 エ:「教え受ける」(例:講義を聞く)

 ウ:「の意見・要求を了承(納得)し、受け入れる
   (例:上司の命令をよく聞く)

 エ:「尋ねる(質問する。問う。)。もん。」(例:を聞く、相聞)

 オ:「においの良い悪いや種類をで感じ取る。においをかぐ。
    ぶん。
」(例:香を聞く、聞香)

 カ:「良い悪いや種類をで感じ取る」(例:酒を聞く)

 キ:「当てしてみる」(例:厚さに聞いて釘を打つ)

 ク:「釣りで、が釣り針にかかったかどうかを確かめるために、
   仕掛けをいたり竿上げたりして様子を見る


 オ:「相談を受ける」(例:を聞こう)

②「きこえる

 ア:「などが感じられる。自然にに入る。ぶん。
   (例:物音が聞こえる、他聞)

 イ:「などを感じ、そのように理解する。ぶん。
   (例:嫌みに聞こえる、百聞)

 ウ:「わかる。相手の言うことを、納得して認めることができる。
   (例:筋が通っているように聞こえる)

 エ:「があるにまで伝わるれる。ぶん。
   (例:噂(うわさ)が友達まで聞こえる、伝聞)

 オ:「られる。評判になる。」(例:に聞こえた天才)

 カ:「申し上げる

 キ:「手紙を差し上げる

 ク:「(世間で名前・官職を)~とお呼びする

③「きこえ

 ア:「などが感じられる」(例:電話の聞こえが悪い)

 イ:「うわさ(そこにいないや物事を話題にしてあれこれ話す
    また、その)。評判。ぶん。もん。

   (例:天才との聞こえが高い、風聞、名聞)

 ウ:「などを受け感じる。ぶん。
   (例:社長とえば聞こえも良い、外聞)

 エ:「ほまれ(名誉、名声)。ぶん。もん。」(例:聞人、名聞)


④「訪れる(訪問する)」(例:聞問)


[聞・聴の使い分け](きく)

」・・・「自然に入る」、「尋ねる(質問する)
     (例:聞き流す、を聞く)

」・・・「傾けて・注意して受ける」、「認める
     (例:音楽を聴く、要求を聴き入れる)

成り立ち

会意兼形声文字です(+)。「」の象形(「きく」の意味)と「両開きの

の象形から「たずねてきく」を意味する「聞」という漢字が成り立ちました。


読み

音読み:「ブン」、「モン

訓読み:「き(く)」、「きこ(える)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「ひろ

画数

14画

部首

①「門(もん、もんがまえ(門構)、かどがまえ(門構))

「門」を含む漢字一覧

②「耳(みみ、みみへん(耳偏))

「耳」を含む漢字一覧

漢字・漢和辞典/学習教材:OK辞典 トップへ戻る