漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「厚」という漢字
「厚」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「厚」は小学5年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首書き順・書き方
意味

①「あつい

 ア:「ぶあつい(物の一方の面から、他方の面までの距離が大きい)
   (反意語:薄)

 イ:「丁寧」、「親切」(例:厚意)

 ウ:「程度がはなはだしい(普通の状態をはるかにこえている)

 エ:「行動や態度に遠慮がない」(例:厚顔)

②「あつくする

 ア:「ぶあつくする

 イ:「丁寧・親切にする

 ウ:「度合い、程度を高める(大きくする、濃くする等)

③「非常にあついもの(山、大地等)

[暑・熱・厚の使い分け](あつい)

」・・・「気温が高い」(例:暑苦しい夜)

」・・・「そのものの温度が高い」(例:熱い風呂)

」・・・「物が太い」、「情がこもっている
      (例:この本は、ぶ厚い、厚く御礼申し上げます)

成り立ち

会意文字です(+㫗)。「削りとられた崖」の象形と「物見のある城郭を

ひっくりかえした
」象形から、高くて厚い崖を意味し、そこから、

あつい」、「ぶあつい」を意味する「厚」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎 解明講座】の資料をもらってみて下さい。
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載されていて
感動しますよ。また、古代中国の歴史がイメージできるアニメの絵
もあって
とてもわかりやすかったです。講座の受講は有料ですが、
資料は無料でもらえるので、ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒【漢字の謎 解明講座】の
無料資料申し込みはこちらです




読み

音読み:「コウ

訓読み:「あつ(い)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「あつ」、「あつし」、「ひろ」、「ひろし

画数

9画

部首

厂(がんだれ(雁垂)、かりがね)

「厂」を含む漢字一覧

書き順・書き方
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る