漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「経/經」という漢字
「経/經」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「経」は小学5年生で習います。「經」は常用漢字外です。)

成り立ち読み方画数・部首書き順(経)
意味

①「たていと(織物の縦方向に通っている糸)

②「

 ア:「東西に対して、南北の方向

 イ:「平面に対して、上下の方向

③「みち

 ア:「筋道(がそうなったわけ)」、「正しい筋道

 イ:「道路

④「のり(法律、規範、おきて)」、「法則

⑤「つね(常)」、「いつも同じである」(例:経常)

⑥「さかい(境)」、「境を定める
  (例:境界)

⑦「治める」、「統治する」(例:経国)

⑧「営む

⑨「測る(測量する)

⑩「へる(経過する)」、「通る」、「巡る」(例:経由)

⑪「首をつって死ぬ」(例:経死)

⑫「かかる」、「ぶら下がる」、「かける

⑬「めぐり(周期)」(例:月経)

⑭「かつて」、「今まで

⑮「文書

 ア:「儒教で、聖人の言行や教えてを書いた書物。」(例:経書)

 イ:「仏教で、仏の言行や教えを書いた書物。」(例:経文)

 ウ:「学問や宗教上のよりどころ(根拠)となる基本的な書物

成り立ち

会意兼形声文字です(+圣(坙))。「より糸」の象形と「はた織りの縦糸」の

象形から「たていと」、「たて」を意味する「経」という漢字が成り立ちました。

※「経」は「經」の略字です。

※「經」は「経」の旧字(以前に使われていた)です。

漢字の成り立ちの歴史背景

漢字の成り立ちの歴史背景まで学びたい人はぜひ、
【漢字の謎解明講座】の資料をもらってみて下さい。
資料は無料でもらえるので、早速、資料請求してみた所、
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しました。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。


資料請求は無料ですので、ぜひ、資料をもらってみて下さい。





読み

音読み:「キョウ」、「ケイ

常用漢字表外:「キン

訓読み:「へ(る)

常用漢字表外:「おさ(める)」、「た(つ)」、「たていと

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):
おさむ」、「つね」、「のぶ」、「のり」、「」、「ふる

画数

11画」(経)

13画」(經)

部首

糸(いと、いとへん(糸偏))

「糸」を含む漢字一覧

書き順・書き方(経)
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る