漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「喜」という漢字
「喜」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「喜」は小学4年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首書き順・書き方
意味

①「よろこぶ

 ア:「うれしがる」、「楽しく感じる」(例:好きな人に告白されて喜ぶ)

 イ:「祝う」(例:結婚を喜ぶ)

②「よろこび

 ア:「うれしい気持ち

 イ:「めでたい事」、「幸い(幸せ)

③「このむ」、「可愛がり愛する

[喜・慶の使い分け](よろこぶ)

」・・・「祝賀の気持ちを強く表したい場合。
      (例:新年をお慶び申しあげます)

」・・・以外は「喜」を用いる(例:合格を喜ぶ)

成り立ち

会意文字です(壴+)。「壁に掛けた打楽器」の象形と「」の象形

(「祈りの言葉」の意味)から楽器を打ち神を祭り、神を

楽しませるを意味し、そこから、「よろこぶ」を意味する

「喜」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちの歴史背景まで学びたい人はぜひ、
【漢字の謎解明講座】の資料をもらってみて下さい。
資料は無料でもらえるので、早速、資料請求してみた所、
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しました。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
資料請求は無料ですので、ぜひ、資料をもらってみて下さい。

⇒【漢字の謎 解明講座】の無料資料
申し込みはこちら




読み

音読み:「

訓読み:「よろこ(ぶ)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):
きよ」、「このむ」、「たのし」、「のぶ」、
はる」、「ひさ」、「ゆき」、「よし

画数

12画

部首

①「口(くち、くちへん(口偏))

「口」を含む漢字一覧

②「士(さむらい、さむらいかんむり(士冠))

「士」を含む漢字一覧

書き順・書き方
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る