漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「慣」という漢字
「慣」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「慣」は小学5年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首書き順・書き方
意味

①「なれる

 ア:「何度も繰り返したり、その状態に長く置かれるで違和感が
    なくなる。通常のこととして受け入れられるようになる


 イ:「経験を積み重ねで、スムーズにを進める
    できるようになる


 ウ:「道具などが身体になじむ

②「教わる」、「学ぶ」

③「ならす

 ア:「ある状態・環境になれさせる

 イ:「動物を訓練して、なつかせる

 ウ:「技芸などを習わせる。練習させる

 エ:「なれすぎて見下す・軽く見てばかにする

④「ならわし(長い間繰り返し行われていて、そうすることが決まり
  のようになっている
」(例:習慣)

[慣・馴の使い分け](なれる・ならす)

「慣」・・・「や経験や動物以外の用いる
     (例:仕事に慣れる、寒さに慣らす)

」・・・「や動物にして用いる」(例:上司に馴れる馴らす)

成り立ち

会意兼形声文字です(忄()+)。「心臓」の象形と「物に穴を開けつらぬき

通す象形と子安貝(貨幣)の象形
」(「物をつらぬく」の意味)から、1つの物事を

心の働きを方をして、「なれる」を意味する「慣」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎解明講座】の資料を無料でもらってみて
下さい。ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで
記載
されていて感動しますよ。また、古代中国の歴史が
イメージできるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
漢字の面白さが無限に広がる、もらって大満足の資料となって
おります。ぜひ、資料をもらってみて下さい。

⇒もらって大満足【漢字の謎 解明講座】
の無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「カン

訓読み:「な(らす)」、「な(れる)

常用漢字表外:「ならわし

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「みな

画数

14画

部首

忄(りっしんべん(立心偏))

「忄」を含む漢字一覧

書き順・書き方
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る