漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「保」という漢字
「保」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「保」は小学5年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首書き順・書き方
意味

①「たもつ

 ア:「持ち続ける」、「そのままの状態を続ける」(例:保持)

 イ:「守る

②「安んずる(安心する)」、「安らかにする

 ア:「かばう」、「助ける

 イ:「育てる」、「養う」(例:保育)

③「責任を持つ」、「間違いがない、大丈夫であると認め
  責任を持つ
」(例:保証)

④「お守りする役目を受け持つ」、「大切に世話をし、育てる

⑤「付き添う

⑥「頼む

⑦「雇い人」、「使用人

⑧「使う

⑨「とりで(本城の外の要所に築く小規模な城、外敵の攻撃を防ぐ
  ための建造物)


⑩「むつき(おむつ、おしめ)

⑪「五戸を単位とする組合制度

成り立ち

会意兼形声文字です(+孚)。「から」の象形(「」の意味)

と「乳児を抱きかかえる」象形から、成人が乳児を抱いて「まもる」、

たもつ」を意味する「保」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎解明講座】の資料を無料でもらってみて
下さい。ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで
記載
されていて感動しますよ。また、古代中国の歴史が
イメージできるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
漢字の面白さが無限に広がる、もらって大満足の資料となって
おります。ぜひ、資料をもらってみて下さい。

⇒もらって大満足【漢字の謎 解明講座】
の無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「

常用漢字表外:「ホウ

訓読み:「たも(つ)

常用漢字表外:「やす(んじる)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):
」、「たもつ」、「まもる」、「もち」、
もり」、「」、「やすし」、「より

画数

9画

部首

亻(にんべん(人偏))

「亻」を含む漢字一覧

書き順・書き方
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る