漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「営/營」という漢字
「営/營」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「営」は小学5年生で習います。「營」は常用漢字外です。)

成り立ち読み方画数・部首書き順(営)
意味

①「いとなむ

 ア:「作る」、「ある材料を用いて、形の整ったものやある機能を
    もったものを作り上げる
」(例:造営)

 イ:「計画する」、「工夫する」(例:営利)

 ウ:「治める(収納する、手に入れる、世の中や家の中等を
    管理(順序や決まり)の行き届いた状態にする
」(例:営田)

 エ:「熱心に努め励む」、「精一杯働く」、「とり行う」、「仕事する」(例:経営)

②「いとなみ

 ア:「をする」、「作業」、「行為

 イ:「仕事

 ウ:「性行為

 エ:「準備

 オ:「神事・仏事を行う

③「めぐる」、「めぐらす

④「まどう(どうしたら良いかわからなくなる)」、「まどわす

⑤「乱れる

⑥「とりで(本城の外の要所に築く小規模な城、外敵の攻撃を防ぐ
  ための建造物)


⑦「陣屋(軍勢が駐屯して宿営している所)」(例:兵営)

⑧「組み」、「分け

⑨「清代の兵制の名前

⑩「漢方医学の用語。食物から摂取するエネルギー」(例:営養)

成り立ち

会意兼形声文字です(熒の省略形+)。「燃え立つ」の象形(「夜の陣中

にめぐらすかがり火
」の意味)と「建物の中の部屋が連なった」象形(「部屋の

多い家屋
」の意味)から、周囲にかがり火をめぐらせた「屋敷」を意味する

「営」という漢字が成り立ちました。

※「営」は「營」の略字です。

※「營」は「営」の旧字(以前に使われていた)です。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎 解明講座】の資料を無料でもらってみて
下さい。ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで
記載
されていて感動しますよ。また、古代中国の歴史が
イメージできるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
講座の受講は有料ですが、資料は無料でもらえますので、
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒もらって大満足【漢字の謎 解明講座】
の無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「エイ

訓読み:「いとな(む)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「いえ」、「のり」、「よし

画数

12画」(営)

17画」(營)

部首

「営」の部首
①「⺍(つ、つかんむり)

「⺍」を含む漢字一覧

②「口(くち、くちへん(口偏))

「口」を含む漢字一覧

「營」の部首
口(くち、くちへん(口偏))

「口」を含む漢字一覧

書き順・書き方(営)
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る