漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「悟」という漢字
「悟」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「悟」は中学生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「さとる

 ア:「理解する」、「の意味を十分理解して自分のものとする

 イ:「隠されているもの、また自分の運命などについて、気づく」(例:覚悟)

 ウ:「仏教に関する語。迷いを取り除いて永遠に変わるのない
    正しい道筋を理解して自分のものにする


②「さとり(さとる)

③「さとす

 ア:「目下の者に正しい順序・そうなった理由をよくわかるように
    話し聞かせる
」、「納得するように教え導く

 イ:「が警告する・告げ知らせる

成り立ち

形声文字です(忄()+)。「心臓」の象形と「棒を交差させて組み立てた器具

の象形と口の象形
」(神のおつげを汚れから守るための器具のさまから

「ふせぐ」の意味だが、ここでは、「晤(ゴ)」に通じ(同じ読み持つ「晤」と同じ

意味を持つようになって)、「明るくなる」の意味)から、心が明るくなる、

さとる」を意味する「悟」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎 解明講座】の資料を無料でもらってみて
下さい。ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで
記載
されていて感動しますよ。また、古代中国の歴史が
イメージできるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
講座の受講は有料ですが、資料は無料でもらえますので、
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒もらって大満足【漢字の謎 解明講座】
の無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「

訓読み:「さと(る)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「さとし」、「さとる」、「のり

画数

10画

部首

忄(りっしんべん(立心偏))

「忄」を含む漢字一覧

漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る