漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「挟/挾」という漢字
「挟/挾」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「挟」は中学生で習います。「挾」は常用漢字外です。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「はさむ」、「さしはさむ

 ア:「物と物との間にさしこむ

 イ:「物と物との間に入れて落ちないようにする。
    両側から物をしっかり押さえる。
」(例:箸で食べ物を挟む)

 ウ:「何かをしている途中に、別のものを入れる」(例:休憩を挟む)

 エ:「何かを間に置いて向かい合う」(例:テーブルを挟んで座る)

 オ:「心にある考え持つ」(例:疑問を挟む)

 カ:「脇にかかえる」、「身につける

 キ:「頼みとする(頼りにする、あてにする)

 ク:「いばる(偉そうにする、態度を大きくする)

②「はさまる

 ア:「物と物との間にはいる」、「両側から押さえられて、
    動けない状態になる


 イ:「対立するものの間に入る

②「守る」、「助ける

③「持つ

④「ゆきわたる」、「広く行き渡る

⑤「弓に矢をつがえる(かける)

成り立ち

会意兼形声文字です(扌()+夾)。「5本の指のある手」の象形と「手を

広げて立つ人の両脇を左右から手ではさむ
」象形(「はさむ」の意味)から、

手ではさむ」を意味する「挟」という漢字が成り立ちました。

※「挟」は「挾」の略字です。

※「挾」は「挟」の旧字(以前に使われていた)です。


読み

音読み:「キョウ

常用漢字表外:「ショウ、ギョウ(挾のみ)

訓読み:「はさ(まる)」、「はさ(む)

常用漢字表外:「さしはさ(む)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「さし」、「もち

画数

9画」(挟)

10画」(挾)

部首

扌(てへん(手偏))

「扌」を含む漢字一覧

美しい漢字の書き方

100万人を超える指導実績を持つ
【がくぶんのペン字講座】無料資料には、
漢字を上手に書くコツがすごく細かく記載されており、
それを参考に漢字を書いてみると、ビックリするくらい
美しい漢字が書ける
ようになってすごい感動しました!

美しい字が書けるようになると、周りの人からも
褒められて、とても気持ちが良い
です!
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒美しい漢字が書けるようになる
【ペン字講座】の無料資料はこちら


漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る