漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「差」という漢字
「差」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「差」は小学4年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首書き順・書き方
意味

①「たがう

 ア:「食い違う」、「合わない

 イ:「そむく」、「反抗する」、「反対する

②「たがい(誤り、間違い)」(例:誤差、差失)

③「交わる

④「サ(2つを比べた時の合わない部分)」、「余り

⑤「残り

⑥「差し引き(ある数量から他の数量を引くこと)

⑦「違い」、「隔たり」(例:差別)

⑧「品定めする( 品物の優劣や価値を判定する)

⑨「等しくない」、「そろわない」(例:参差)

⑩「遣わす(者が下位者を行動させる)」(例:差遣)

⑪「使う」、「使役する(働かせる)」(例:差役)

⑫「いえる(病気が治る)

⑬「やや(少しの間、少しばかり)

日本のみで用いられる意味

⑭「さす

 ア:「潮が満ちて来る

 イ:「現れる」(例:赤みが差す)

 ウ:「光線が入る」(例:日が差す)

 エ:「水を入れる

⑮「さし

 ア:「物差し(ものさし)

 イ:「差し向かい(二つのが向かいあう事)

[指・刺・挿・差の使い分け](さす)

」・・・「方向を示す」(例:1番左のを指す)

」・・・「とがったで突く。」(例:針を刺す)

」・・・「間にさしこむ。」(例:挿し木)

」・・・、3つ以外のすべて(例:傘を差す、目薬を差す)

成り立ち

会意兼形声文字です。「ふぞろいの穂が出た稲」の象形と「左手」の象形と

握る所のあるのみ(鑿)又は、さしがね(工具)」の象形から、工具を

持つ左手でふぞろいの穂が出た稲を刈り取るを意味し、そこから、

ふぞろい・ばらばら」を意味する「差」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎 解明講座】の資料をもらってみて下さい。
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載されて
いて感動しますよ。また、古代中国の歴史がイメージできる
アニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。漢字の面白さ
が無限に広がる、もらって大満足
の資料となっております。
講座の受講は有料ですが、資料は無料でもらえるので、
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒もらって感動・大満足!!!
【漢字の謎 解明講座】の
無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「

常用漢字表外:「

訓読み:「さ(す)

常用漢字表外:「たが(う)」、「つか(わす)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「しな」、「すけ

画数

10画

部首

①「羊・𦍌・⺶・⺸(ひつじ、ひつじへん(羊偏))

「羊・𦍌・⺶・⺸」を含む漢字一覧

②「工(え、こう、たくみ、たくみへん(工偏))

「工」を含む漢字一覧

書き順・書き方
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る