漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「工」という漢字
「工」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「工」は小学2年生で習います。「工」は部首です。)

成り立ち読み方画数・部首解説書き順・書き方
意味

①「こう

 ア:「出す仕事」(例:工場、工事)

 イ:「巧みな(上手な)。く。」(例:加工、工作、工夫)

 ウ:「作る。職人(作るを仕事とする)。く。
   (例:職工、大工)

 エ:「工学(自然のを利用して便利を得る技術)の」(例:理工)

 オ:「工業(自然のを利用して価値ある作る活動)の」(例:商工)

②「たくむ」(同意語:)

 ア:「色々と良い方法や手段を見つけようとする。
    やテクニックを使う
」(例:恋人へサプライズを工む)

 イ:「相手を自分のんでいる方向にって行く方法を考える
   (例:悪事を工む)

③「たくみ」(同意語:)

 ア:「手先や道具を使って作る職人」(例:有名な工)

 イ:「良い方法・手段を考え出す」(例:工を凝らす)

 ウ:「くわだて(計画を立てる)

 エ:「美しいものを作り出す働き

③「楽師・楽人(音楽を演奏する)

④「占い師

⑤「(役人)」(例:百工)

成り立ち

象形文字です。「握るのある、のみ または、さしがね」の象形から

作る」を意味する「工」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎 解明講座】の資料をもらってみて下さい。
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しますよ。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
講座の受講は有料ですが、資料は無料でもらえるので、
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒もらって大満足【漢字の謎 解明講座】
の無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「」、「コウ

訓読み:常用漢字表内はなし

常用漢字表外:「たくみ」、「たく(む)」、「わざ

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「ただ」、「つとむ」、「のり」、「よし

画数

3画

部首

工(え、こう、たくみ、たくみへん(工偏))

「工」を含む漢字一覧

部首解説:
「工」をもとにして、工具・工作の意味を含む漢字ができている。

書き順・書き方
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る