漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「頼/賴」という漢字
「頼/賴」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「頼」は中学生で習います。「賴」は常用漢字外(人名用漢字)です。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「よる」、「たよる

 ア:「あてにする」、「期待する

 イ:「助けとして用いる」(例:車に頼った生活)

②「たより(たよる)

③「たのむ

 ア:「相手に、こちらが希望するようにしてくれることを伝えて願う
   (例:依頼)

 イ:「あてにする」、「期待する

 ウ:「用事や処置を他にゆだねる」、「まかせる

 エ:「信用する

④「たのみ(たのむ事)」

⑤「得る」、「利益を得る」、「利益

⑥「よい(善)

⑦「さいわい(幸)」、「しあわせ

⑧「たのもしい

 ア:「助けになる

 イ:「期待できて楽しみである

 ウ:「金持ちである

成り立ち

形声文字です(+)。「とげの象形と刀の象形」(「刀でとげのように

刺す」の意味だが、ここでは、「柬」に通じ(「柬」と同じ意味を持つように

なって)、「袋に物を閉じ込める」の意味)と「子安貝(貨幣)」の象形から、

金品を袋に閉じこんで、「もうける」を意味する「頼」という漢字が成り立ちました。

※「頼」は「賴」の略字です。

※「賴」は「頼」の旧字(以前に使われていた)です。


読み

音読み:「ライ

訓読み:「たの(む)」、「たの(もしい)」、「たよ(る)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「たのむ」、「のり」、「」、「よし」、「より

画数

16画」(頼)

16画」(賴)

部首

「頼」の部首
頁(おおがい(大貝)、いちのかい(一ノ貝))

「頁」を含む漢字一覧

「賴」の部首
貝(かい、かいへん(貝偏)、こがい)

「貝」を含む漢字一覧

美しい漢字の書き方

100万人を超える指導実績を持つ
【がくぶんのペン字講座】無料資料には、
漢字を上手に書くコツがすごく細かく記載されており、
それを参考に漢字を書いてみると、ビックリするくらい
美しい漢字が書ける
ようになってすごい感動しました!

美しい字が書けるようになると、周りの人からも
褒められて、とても気持ちが良い
です!
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒美しい漢字が書けるようになる
【ペン字講座】の無料資料はこちら


漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る