漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「寝/寢」という漢字
「寝/寢」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「寝」は中学生で習います。「寢」は常用漢字外(人名用漢字)です。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「ねる」、「いぬ

 ア:「身体を横にする」、「横になる

 イ:「病気でベッド・ふとんに入る

 ウ:「ねむる(身体の動きが一時的に低下し、目を閉じて無意識の
    状態になる)


 エ:「縦のものが横になる」(例:髪の毛が寝る)

 オ:「一緒に身体を横にする」(例:女と寝る)

 カ:「商品が売れずに残っている」(例:暖冬で暖房が寝ている)

②「ねかす

 ア:「身体を横にさせる」(例:患者を寝かす)

 イ:「目を閉じさせて、無意識な状態にさせる」(例:子供を寝かす)

 ウ:「縦のものを横にする」、「横に倒す

 エ:「品物や金銭などを活用せずに手元にとどめておく

 オ:「熟成させるために、一定の温度でしばらくそのままにしておく
   (例:ワインを寝かす)

③「ねむり(ねむる)」(例:昼寝)

④「へや

 ア:「ねる使う部屋

 イ:「お客が来た時に使用する部屋

⑤「おたまや(先祖の霊や身分の高い人の霊を祭ってある建物)

⑥「やめる

⑦「すたれる(使われなくなる、行われなくなる、盛んだったもの
  の勢いが弱くなる)


⑧「みにくい(顔や姿かたちがよくない、見て嫌な気持ちがする)

成り立ち

会意兼形声文字です(宀+爿+の省略形)。「屋根・家屋」の象形と

寝台を立てて横にした」象形と「ほうき」の象形(「侵」の略字で、

人がほうきを手にして、次第にはき進む事から、「入り込む」の意味)

から、家の奥にあるベッドのある部屋を意味し、そこから、

部屋でねる」を意味する「寝」という漢字が成り立ちました。

※「寢」は「寝」の旧字(以前に使われていた)です。

※「寝」は「寢」の略字です。


読み

音読み:「シン

訓読み:「ね(かす)」、「ね(る)

常用漢字表外:「みたまや」、「みにく(い)」、「や(める)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

画数

13画」(寝)

14画」(寢)

部首

宀(うかんむり(ウ冠))

「宀」を含む漢字一覧

美しい漢字の書き方

100万人を超える指導実績を持つ
【がくぶんのペン字講座】無料資料には、
漢字を上手に書くコツがすごく細かく記載されており、
それを参考に漢字を書いてみると、ビックリするくらい
美しい漢字が書ける
ようになってすごい感動しました!

美しい字が書けるようになると、周りの人からも
褒められて、とても気持ちが良い
です!
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒美しい漢字が書けるようになる
【ペン字講座】の無料資料はこちら


漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る