漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「山」という漢字
「山」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「山」は小学1年生で習います。「山」は部首です。)

成り立ち読み方画数・部首解説書き順・書き方
意味

①「やま

 ア:「陸地の表面が周辺の土地よりもがった
    くは住む神聖な場所とされていた。


 イ:「鉱山(から鉱物(無生物で、均質な固体物質)を
    採掘する場所


 ウ:「「ア」のをした」(例:山、山)

 エ:「や歌舞伎で、ったに、
    かぶせた


 オ:「げたもの」、「がった状態
   (例:ねじの山がつぶれる、の山が崩れる)

 カ:「たくさん集まっている」、「多いこと
   (例:観客の山、課題の山)

 キ:「・重要な部分」(例:仕事が山を越える)

 ク:「万一の幸運をって行う冒険的な行為」(例:山をはる)

 ケ:「出来る限り(精一杯)」(例:関の山)

 コ:「犯罪事件。主に警察が用いる」(例:大きな山を手がける)

 サ:「(寺院)

 シ:「」、「つか(がっている)」(例:山)

 ス:「特に比叡山。また、そこにある延暦寺 (えんりゃくじ) のこと
    を言う


 セ:「遊女(躍りにより楽しませ、との性行為(りを
     するに使用する性器を使った行為)をも行う言う。)


 ソ:「動植物いて、んでいたり自生(
    加えていない状態で生きている)していたりする意味を表す

   (例:山猿、山桜)

 タ:「「ア」を数えるのに用いる」(例:越える)

 チ:「分けたものを数えるのに用いる」(例:みかん山:500円)

成り立ち

象形文字です。「なったやま」の象形から「山」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちの歴史背景

漢字の成り立ちの歴史背景まで学びたい人はぜひ、
【漢字の謎解明講座】の資料をもらってみて下さい。
資料は無料でもらえるので、早速、資料請求してみた所、
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しました。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。


資料請求は無料ですので、ぜひ、資料をもらってみて下さい。





読み

音読み:「サン

訓読み:「やま

名前(音読み・訓読み以外の読み):「ざん」、「たか」、「たかし」、「のぶ

画数

3画

部首

山(やま、やまへん(山偏)、やまかんむり(山冠))

「山」を含む漢字一覧

部首解説:
「山」をもとにして、色々な種類の山や山のや状態、山の名前を
表す漢字ができている。

書き順・書き方
漢字・漢和辞典/学習教材:OK辞典 トップへ戻る