漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「頂」という漢字
「頂」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「頂」は小学6年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「いただき

 ア:「頭の最上部

 イ:「頭(首から上の部分、かしら、こうべ)

 ウ:「物の最上部」(例:山頂)

②「いただく

 ア:「頭や物の上にのせる」、「頭上にあるようにする
   (例:王冠を頂く、頭上に星を頂く)

 イ:「大切にする」、「価値のあるものを大切に扱う

 ウ:「自分より身分の上の者をお迎えする」、「尊敬して、
    尽くす(精一杯働く)
」(例:非常に実績のあるを社長に頂く)

 エ:「冠の上につけた金・銀・玉などの飾り

 オ:「冠を数える時の単位

以下は日本のみで用いられる意味

 カ:「もらう・食べる・飲む・買い取るなどの謙譲語
   (例:お客から商品の注文を頂く)

 キ:「苦労もなく、手に入れる」(例:この試合は頂いたも同然だ)

③「事柄(思考・意識の対象となるものや、現象・行為・性質(特徴)
  を指す語)の最も高い所
」(例:人気の)

成り立ち

会意兼形声文字です(+)。「上からみた釘(のちにからた釘の

象形に変化)
」の象形と「人の頭部を強調した」象形から、「頭の最上部」、

いただき」を意味する「頂」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎 解明講座】の資料を無料でもらってみて
下さい。ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで
記載
されていて感動しますよ。また、古代中国の歴史が
イメージできるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
講座の受講は有料ですが、資料は無料でもらえますので、
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒もらって大満足【漢字の謎 解明講座】
の無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「チョウ

常用漢字表外:「テイ

訓読み:「いただき」、「いただ(く)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「かみ

画数

11画

部首

頁(おおがい(大貝)、いちのかい(一ノ貝))

「頁」を含む漢字一覧

漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る