漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「要」という漢字
「要」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「要」は小学4年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首書き順・書き方
意味

①「求める」、「願う」(例:要求)

②「集める」、「合わせる

③「統べる(多くを1つにまとめる)」、「締めくくる

④「引き止める」、「さえぎる

⑤「待ち伏せする」、「迎える」(例:要撃)

⑥「おびやかす(おどかして怖がらせる)

⑦「正す

⑧「調べる」、「明らかにする

⑨「取る」、「得る

⑩「結ぶ」、「約束する」、「誓う

⑪「成す」、「成就する

⑫「かがむ

⑬「こし(腰)

⑭「腰にまとう」、「腰帯

⑮「かなめ(大切な所、重要な所)」(例:要点)

⑯「文章や話の重要な部分を短くまとめる」(例:要約)

⑰「会計」、「会計簿」、「証券

⑱「必ず」、「きっと

⑲「~するを必要とする

⑳「~しようとする」、「~になろうとする

成り立ち

象形文字です。「人体の中央部に両手をあてた」象形から

人体の「かなめ」、「こし」を意味する「要」という漢字が

成り立ちました。(のちに、「女」が付されたのは、腰の発達した

女性という意味からです。)


読み

音読み:「ヨウ

訓読み:「い(る)」、「かなめ

常用漢字表外:「もと(める)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):
しの」、「とし」、「」、「もとむ」、「やす」、「

画数

9画

部首

①「襾・覀(おおいかんむり(覆冠)、かなめのかしら(要の頭)、にし)

「襾・覀」を含む漢字一覧

②「女(おんな、おんなへん(女偏))

「女」を含む漢字一覧

書き順・書き方
美しい漢字の書き方

100万人を超える指導実績を持つ
【がくぶん ペン字講座】無料資料には、
漢字を上手に書くコツが細かく記載されている
ので、とても美しい漢字が書けるようになりました。

以前は、《字が読みづらい》と指摘される事も多かった
のですが、無料資料に書いてある内容を実践して
からは、《キレイな字だね》と褒められてるように
なり、すごく嬉しかった
です。

日本ペン習字研究会 会長:田中鳴舟先生が、

◇左右対称になる美しい漢字の書き方

◇バランスの良い漢字の書き方

◇美しい漢字を書く為の訓練法

非常に細かく解説してくれており、
それ(プロの教え)を実践したおかげだと強く感じました。

読みづらくて汚い字だと、周りの評価も低くなってしまう
ので、参考にしてみて下さいね。


≪とても美しい漢字≫が書けるようになる
【ペン字講座】の無料資料はこちら


漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る